【冷却マット】真夏の熱帯夜もひんやり快適!即効性と持続性で評判の『SPEED COOLER』!

LINEで送る
Pocket

近年の日本の夏は、寝苦しい熱帯夜が続いていますよね。

エアコンなしではぐっすり眠ることが難しいほどの暑さが続きます。。

だからといって、クーラーをつけて寝ると、朝起きたときのなんとも言えないだるさや、冷えからくる体調不良、クーラーをつけっぱなしでかかる電気代も気になるところです。

そんな暑い夏を乗り切るためのアイテムとして注目を浴びているのが、冷却マット【SPEED COOLER スピードクーラー】です。

当然ながら電気不要、マットを冷やすための冷蔵庫も使わず、サッと敷いて寝転ぶだけで身体を冷やしてくれる冷却マットです。

スポンサードリンク



速攻かつ長時間『ひんやり感』を感じるSPEED COOLER

【SPEED COOLER スピードクーラー】は、寝ころんだ瞬間からの『ひんやり感』が特徴の冷却マットです。

瞬間冷却の秘密は、約30℃以下の状態を常に保とうとする性質を持つ「塩化カルシウム6水和物」という素材を、冷却効果の高いポリエステル100%の素材で包むことで冷却効果が高まって、『ひんやり感』が長時間持続するんです!

水洗いも出来て、清潔に保てる為、夏の熱帯夜やジメジメした暑い夜でも、サッと敷いて寝転んだら速攻でクールダウン!スッと寝付けて熱帯夜でもぐっすり眠れます。

SPEED COOLERの性能の秘密は

SPEED COOLERは、寝転んだ瞬間から『ひんやり感』を感じる事が出来る即効性と、長時間続く『ひんやり感』を感じる持続性を併せ持っています。

この2つの性能を併せ持つ秘密は、独自の開発技術で生まれた相変恒温素材にあります。

相変恒温素材とは?

グングン熱を吸収するハイテク素材で、約30℃を境に結晶化と水溶化を繰り返し、結晶が溶けて水溶化すると体温を吸収! その「吸熱反応」が「ひんやり感」を生み出します。そして、結晶化すると放熱、ひんやり感が身体を包みます。

素材自体が持っている性質で『ひんやり感』を生み出しているので、電気や冷蔵庫も不要で、自然なひんやり感に包まれます。

一般的な冷却マットと比較、一般的な冷却マットは時間が経つと体感温度の上昇が見られましたが、冷却マット【SPEED COOLER スピードクーラー】は、ごく微量の体感温度の上昇にとどまり、その冷却力の違いは圧倒的です。

SPEED COOLERの選ばれる理由

SPEED COOLER が選ばれるのには5つのポイントがあります。ポイントを確認してみましょう!

①敷くだけ30秒の瞬間冷却

商品が届いて袋から出したら、そのまま布団へ直行!冷蔵庫や水で冷やす下準備が不要で、簡単かつスピーディーにひんやり感を味わう事が出来ます!

②電気不要で節電&エコ

ハイテクひんやり素材「相変恒温素材」を使用しているので、電気を使う必要がないので、電気代はもちろんタダ!環境にもおサイフにも優しい冷却マット!

③長時間持続のひんやり感

結晶化した状態から水溶化までは4~8時間かかるので、長時間ひんやり感が持続します。寝る前にセットして、朝起きるまで、睡眠中もしっかり冷やしてくれるので、熱帯夜でもぐっすり熟睡!

④分割縫製で中身が偏ることがない

1枚のシートを数ブロックに分けて分割縫製しているので、寝返りをうっても、シートの中身が偏る事はなく、常に均一にひんやり感を感じる事が出来ます。

⑤折り畳み可能なのでらくらく収納

分割縫製の折り目に沿ってきれいに折りたためば、収納しやすいコンパクトサイズに!オフシーズンは邪魔にならずに収納できて、次のシーズンまで場所をとることなく収納できます!

あらゆる生活シーンに大活躍

SPEED COOLERは布団に敷くだけでなく、ソファ-に敷いて読書を楽しんだり、ラグの代わりに床に敷いてひんやり感を味わう事もできます。

当然ながら、ひんやり感は人だけでなく、愛犬もひんやり感を堪能しているといったレビューもあり、シーンを選ばず利用する事が可能です。

大人気の商品の為、在庫数に限りも?

2016年に最も売れたと言われる革命的冷却マットのSPEED COOLERですが、今年もカラーバリエーションはクールグレイ・ナイトブルー・アイスブルーの3色で登場しています。

在庫に限りもあり、色によっては在庫もなくなってきている様なので、気になった方、多くの高評価を得ている商品レビューを確認してみたい方は、コチラからどうぞ!

【送料無料】売り切れ必死!大人気のSPEED COOLERの詳細はコチラ【楽天】

本日も最後まで読んで下さりありがとうございます。今後も皆様にとって有益な情報提供が出来る様に努めてまいります。

スポンサードリンク



投稿者: kitaku

妻一人、子二人で貯蓄無しのキタクです。 散財癖はあまり変わらずとも出来ることがあると信じ、今までの経験を糧に2016年の年の瀬から色々と取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です