メルカリの新サービス『ゆうゆうメルカリ便』とは?『らくらくメルカリ便』との違いも比較してみた!

LINEで送る
Pocket

らくらくメルカリ便について書いたばかりですが、先日、6月20日から同じくメルカリで『ゆうゆうメルカリ便』というサービスがスタートしました。

サービススタートに伴って、ちょっとしたキャンペーンも行われている様なので、本日は、前に記事に続いて、この『ゆうゆうメルカリ便』をまとめると共に、らくらくメルカリ便との比較もして行きます。

スポンサードリンク



ゆうゆうメルカリ便とは?

2017年6月20日、メルカリの独自の配送サービスに『ゆうゆうメルカリ便』が追加されました。

『ゆうゆうメルカリ便』は、匿名で商品を取り引きできるだけではなく、購入者が自宅以外の場所を指定して受け取ることもできる日本郵便とメルカリが連携した配送サービスとなっていて、小型サイズの「ゆうパケット」と、中~大型サイズの「ゆうパック」に分かれています。

ゆうパケットのサイズに納まる100g以上1kg以下の荷物なら、定型外郵便で送るよりもお得で補償もある為、出品者・購入者の双方が安心して取引することが出来ます。

もともと日本郵便に「ゆうパケット」や「ゆうパック」のサービスはありますが、『ゆうゆうメルカリ便』を利用する事で、通常の「ゆうパケット」よりも格安で発送が可能になります。

「ゆうパック」も通常であれば地域によって送料が変わりますが、『ゆうゆうメルカリ便』を利用することで、らくらくメルカリ便同様に全国一律料金で匿名配送が可能となりました。

フリマアプリでは出品者が送料を負担する割合が高く、その送料が販売価格にも影響してくるので、配送のコストが下がる事で、購入者からすると出品価格も下がり、出品者からすると商品の価格が下がる事で回転率が上がると言うメリットが生まれます。配送料の差額は手数料などに上乗せされる事無く、メルカリが負担するのも、ありがたいですね。

ゆうゆうメルカリ便の配送料

サービス名 金額
ゆうパケット 175円
ゆうパック60サイズ 600円
ゆうパック80サイズ 700円
ゆうパック100サイズ 900円

後程、比較をさせていただきますが、小型郵便のゆうパケットに関しては、類似サービスのらくらくメルカリ便よりも少し安い料金設定となっていますが、他のサービスはらくらくメルカリ便と同等、またはらくらくメルカリ便でしか対応していないサイズなどもあります。

ゆうゆうメルカリ便の配送方法

ゆうゆうメルカリ便の配送方法は、はじまったばかりのサービスと言う事もあり、現在はまだ少ないです。

  1. 郵便局の窓口
  2. コンビニ(ローソン)

らくらくメルカリ便と同様にスマホで2次元コードを作成して、郵便局だと専用プリンターの「ゆうプリタッチ」、ローソンだとお馴染みの「Loppi」で、簡単に送り状の印刷が出来ます。

ゆうゆうメルカリ便のメリット

出品者のメリット

  • 匿名配送で購入者に住所や名前を知られることがない
  • 送料が全国一律の割引料金
  • 商品の追跡が可能
  • 配送事故などが起きても、メルカリの保証がある
  • 宛名書きを記入する手間がない

この辺りが、出品者のメリットでしょう。簡単で手間なく、安全、割安となるという事ないですね。

購入者メリット

  • 受取は購入時に選択することで、自宅以外に郵便局・コンビニ・はこぽすでの受け取りが可能
  • 匿名配送で、出品者に住所や名前を知られずに購入できる
  • 配送事故などが起こった時はメルカリの保証がある
  • 商品の追跡が可能

購入者と出品者共に、商品の追跡や保証、匿名配送はメリットですね。受け取り場所指定は通常は自宅の選択がほとんどでしょうが、2017年9月30日まで日本郵政がCOOL CHOICEプロジェクトと提携し実施する「郵便局、コンビニ、『はこぽす』で受け取ろうキャンペーン」というキャンペーンが行われています。

購入した商品の受け取りを自宅ではなく、郵便局やコンビニ、はこぽすで受け取る事で、共通ポイントがもらえるキャンペーンです。

関連記事:郵便物を受け取ると社会貢献できて共通ポイントも貰えちゃう!郵便局、コンビニ、『はこぽす』で受け取ろうキャンペーン!

自宅以外の受取をすると、最大で50ポイントもらえて、もらえるポイントも楽天ポイントやWAONポイント、Pontaポイントなどの、多くのお店やサービスで利用が出来る共通ポイントなので、この期間中は是非利用したいですね。

らくらくメルカリ便との比較

ゆうゆうメルカリ便 らくらくメルカリ便
発送場所 郵便局・ローソン ヤマト運輸の営業所・ファミリーマート・サークルKサンクス
集荷 不可 可能
受取場所 自宅・郵便局・ローソン・ミニストップ・はこぽす 自宅
対応サイズ
  • ゆうパケット
  • ゆうパック60~100サイズ
  • ネコポス
  • 宅急便コンパクト
  • 宅急便60~160サイズ

発送拠点や提携策の違い、対応サイズの事などを考えると、らくらくメルカリ便の方が利便性がよさそうですね。

ゆうゆうメルカリ便 らくらくメルカリ便
小型 175円 195円
コンパクト ※380円
60サイズ 600円 600円
80サイズ 700円 700円
100サイズ 900円 900円
120サイズ 1,000円
140サイズ 1,200円
160サイズ 1,500円

※らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトには、専用BOX(65円)が必要になります。

金額では小型の郵便でゆうゆうメルカリ便に優位性がありますね。ただ、他のサイズに関しては、同等もしくはらくらくメルカリ便にしか扱いがないサイズもあるので、やはりらくらくメルカリ便の方が使い勝手が良さそうです。

購入者としては、自宅以外での受け取りも可能で「郵便局、コンビニ、『はこぽす』で受け取ろうキャンペーン」期間中はお得にもなるので、ゆうゆうメルカリ便の方がいい場合もありますね。

スポンサードリンク



ゆうゆうメルカリ便ポイントバックキャンペーン

出品者としては、らくらくメルカリ便と比較して、あまり大きなメリットの感じることのできないのでは?といったサービス内容となってしまっていますが、開始記念としてキャンペーンが行われます。

キャンペーン期間中は、「ゆうパケット」を利用するとメルカリのお買い物で利用いただけるメルカリポイントが25円分ポイントバックされます。

■キャンペーン期間

2017/6/26 (月) 15:00〜2017/7/25 (火) 23:59

※2017年6月20日~2017年6月25日までの期間はまだ対象期間外なのでご注意ください!

■キャンペーン概要
「ゆうゆうメルカリ便」の「ゆうパケット」を利用し、キャンペーン期間中に発送手続きが完了している取引1回につき、25メルカリポイントが後日出品者に付与されます。

※対象となるのは期間中に発送の手続きが完了している取引のみなので、こちらも注意が必要ですね。

こういった、キャンペーンを打ってくれると、出品者側にもメリットが出てくるので、これを機にゆうゆうメルカリ便が定着するといいですね。

ゆうゆうメルカリ便 資材

ゆうパケットは寸法や厚みなどに制限がかかっていて、その制限を超えてしまうと、ゆうパケットの料金175円から、ゆうパック60サイズの600円に上がってしまいます。

後から配送サイズの変更などで購入者に、金額変更をお願いする事もできないので、事前にゆうパケット対応の資材を用意して、出品前にサイズの確認をしておく方がいい場合もありますよ。

ゆうパック・クリックポスト対応厚さ3cm

ゆうパケット ポスパケット対応※らくらくメルカリ便のネコポスは、厚さが2.5cm以下の為利用できません。ネコポスにも使いたい場合は下記をご利用ください。

ネコポス・ゆうパケット・クリックポスト対応 厚さ2.5cm

プチプチ 梱包用エアキャップ d35 巾600mm×全長10m

事前に準備をしておくだけで、発送前に慌てたり、トラブルの回避につながる事も多く、出品数の多い場合は資材をネットでまとめ買いしておくと、少しですがお得になりますよ。

まとめ

メルカリでお馴染みの、らくらくメルカリ便の類似サービスとして、この度から追加された『ゆうゆうメルカリ便』ですが、サービス内容では、ゆうパケット利用以外のメリットは少ないのかな?という印象です。

しかし、現在キャンペーン中の「郵便局、コンビニ、『はこぽす』で受け取ろうキャンペーン」ゆうゆうメルカリ便のサービス開始記念のポイントバックキャンペーンなどにより、出品者、購入者の双方にとってのメリットもキャンペーン期間中はあります。

日本郵便が、連携サービスを開始するのは「メルカリ」だけではなく、他のフリマサービスやオークションサイトでも同様のe発行サービスが開始され、アプリを通して、安心、便利、お得が揃ったサービスが広まっていくようです。

フリマやオークションサービスは、個人間の取引なので、このような安心して売買できる環境が整っていくのは利用するユーザーとしてはうれしいですね。
まだメルカリを利用したことがないけど、興味がある!と言われる方も多いのではないかと思います。その場合は下記記事を参考にして下さい。
ゆうゆうメルカリ便の類似サービスである、らくらくメルカリ便は下記の記事にて解説しています。
本日も最後まで読んで下さりありがとうございます。読んで面白かった、参考になったなどございましたら、ブログランキングのご支援お願いします!


にほんブログ村

スポンサードリンク




投稿者: kitaku

妻一人、子二人で貯蓄無しのキタクです。 散財癖はあまり変わらずとも出来ることがあると信じ、今までの経験を糧に2016年の年の瀬から色々と取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です