[ au ]「スマホはじめる割」登場!auはじめるプログラムから大幅に改善したキャンペーンが次回機種変更まで続きます!2017年7月31日受付終了

LINEで送る
Pocket

新プランの発表により、スマホはじめる割の受付は2017年7月31日までとなっています。

新しい料金プランについての記事はこちら

関連記事:auの格安対抗の新プラン「ピタットプラン」と「フラットプラン」登場!スマホの新しい買い方が始まるか?

以前、「auスマホはじめるプログラム」についての記事を書きました。

関連記事:スマホはじめるプログラムが対象ユーザーの拡大と適応期間の2点で大改善!3月1日から!

以前の変更でも大きな内容の改善が見られましたが、今回発表された「スマホはじめる割」は、前回改善された内容を、更に大きく改善をした内容となっていて、2017年5月24日で終了した「auスマホはじめるプログラム」と「auスマホ交換プログラム」を統合した内容となっています。

今回は、5/25からサービスがスタートする「スマホはじめる割」についてまとめます!

スポンサードリンク



データ1Gに加えて3G、5Gも割引対象に追加

2016年10月より実施していた「auスマホはじめるプログラム」が2017年5月25日から「スマホはじめる割」に名称と共に内容も変更となります。「auスマホはじめるプログラム」と対象範囲は変わらずに、他社ガラケー利用者と18歳以下の新規契約も対象で、新たにデータ定額3とデータ定額5も対象となります。

ただ、この度の改善の対象者は、あくまで2017年5月25日以降の契約に限られ、2017年5月24日までに、旧「auスマホはじめるプログラム」が適用されたケースについては、契約時の条件のままとなりますのでご注意ください。

割引は次回の機種変更まで

携帯キャリアのキャンペーンは、キャンペーン開始から2年間限定や3年間限定と言った期間が決まっているものが多いです。

今回のスマホはじめる割は次回機種変更まで継続します。更に3G、5Gは、auスマートバリューも対象となります。これはスゴイです!

期間が次回機種変更までと言うのは、以前のauスマホはじめるプログラムの改善から追加されていましたが、3G、5Gが加わったことで、auスマートバリューが適応可能となり、データ量の多いプランを選んだとしても金額差があまり出ないようになっています。

詳しい内訳を書いておきます。

1GB 3GB 5GB
スーパーカケホ 1,700円
LTE NET 300円
データ定額 2900円 4,200円 5,000円
スマホはじめる割 -1,920円
スマートバリュー なし -934円 -1410円
合計 2,980円 3346円 3,670円

こうやって並べてみると、大きな違いはないです。1920円のはじめる割が次回機種変更まで継続するというのはスゴイです。

ただし、スマートバリューという割引は、固定のインターネットもauひかりやau提携のケーブルテレビ、もしくは電力系のインターネットの契約がないと適用できないので注意してください。

インターネットを変えることを考えてもいいかも?と思う方は、下記を参考にしてみて下さい。ショップや量販店と比較して、もう少しお得に契約が出来るかもしれません。
auひかりバナー

auスマホはじめる割の適用条件

適用条件

以下の①~③のいずれかの条件を満たすお客さま

  1. 3Gケータイの端末利用期間が26ヶ月目以上のお客さまの機種変更
  2. 他社ケータイ (フィーチャーフォン) からのMNP新規契約
  3. 18歳以下 (※) のお客さまの新規契約

※申込時点で6~18歳 (利用者登録がある場合、実利用者の年齢)

条件は1,2,3のうちの、どれか1つが該当していれば大丈夫です。ガラケーからの、MNPまたは機種変更と18歳以下の純新規契約であれば適用が可能と、対象は限られますが難しい条件ではないですね。

 前回のスマホはじめるプログラム同様に、受付をする担当者次第になりますが、au側で他社の現行利用機種の判断は難しい為、他社のスマホを利用していてもガラケーの提示や口頭で伝えるだけで、キャンペーンの対象になるケースもあります。

スマホの本体代金が最大50,000円割引

こちらも凄いです。条件を満たす方が対象のauスマホを購入すると、スマホの本体代金が最大50,000円割引になるキャンペーンです。

スマホはじめる割、3Gスマホ機種変更プログラムの2つのキャンペーンで適用可能となっていて、2017年5月24日まではスマホ交換プログラムと同様に割引を行う代わりに毎月割の対象外+1年以内の機種変更、または解約を行った場合は、違約金が発生するようになりますので注意が必要です。

機種は限られてしまいますが、それでも割引額が大きいので問題なさそうですね。割引対象額と機種の一覧をまとめてみます。

対象機種 割引額
iPhone6s Plus 16GB 40,000円
64GB
128GB 50,000円
iPhne6s 16GB 30,000円
64GB
128GB 40,000円
iPhone SE 16GB 42,500円
32GB 30,000円
64GB 44,000円
128GB 30,000円
rafre KYV40 25,000円
URBANO V03 KYV38 20,000円
AQUOS SERIE mini SHV33
AQUOS U SHV35
Qua phone PX LGV33
BASIO2 SHV36 15,000円
Qua phone KYV37 14,000円
URBANO V02
URBANO V01
BASIO KYV32

対象機種は以外にありますが、気になるのはやはり型落ちと言えどiPhoneですね。ただし、iPhone6s/iPhone6sPlusは割引対象とは言えど、探すのが至難の業なのではないかと思います。

割引額14,000円のラインナップ機種は、ショップの在庫処分などでお勧めされる可能性はありますが、少し高くても他の機種を選ぶことをお勧めします。

3Gスマホ機種変更プログラムの適用条件

au3Gスマートフォンからau 4G LTE スマートフォンへ機種変更されるお客さまで、以下の全ての条件を満たす場合

  1. 端末利用期間16ヶ月目以上のお客さま
  2.  誰でも割/誰でも割ライト/スマイルハート割引のいずれかに加入しているお客さま

現在、3Gスマホを利用されてる方で、16カ月目未満の利用者は極めて少ないと思うので、対象範囲は狭いものの対象者からすると非常に嬉しいキャンペーンですね!

今までとの違いと疑問点

今までの違いは先にも書いたように、データ容量で3GBと5GBが追加されたというところです。

それによって、3GBと5GBはスマートバリューの適用が可能となったわけですが、今までのスマホはじめるプログラムはデータ1GBしか、選べなかった為に、毎月割の適用も出来ませんでした。

もし、今回のスマホはじめる割で3GBと5GBを選んだ場合は、通常毎月割が適用されるので、毎月割が適用外や減額になることなく今のまま適用可能となるのなら最新機種のiPhone7なども格安で持つことが出来るようになります。

ここは、なってみないとわかりませんが、最近のキャンペーンの傾向から見ても、残念なことに適用外となる事が多いので、一応確認をして、追記させていただこうと思います。

5/24追記

このキャンペーンは、スマホはじめるプログラムとスマホ交換プログラムを統合したキャンペーンとなっていて、キャンペーン対象機種に限定され、対象機種でかつキャンペーンを適用した場合は毎月割の対象外となります。

まあ、当然といえば当然ですね。これが可能なら大盤振る舞いどころか、キャンペーン戦争全盛期に逆戻りになるところです笑

スポンサードリンク



まとめ

以前の「auスマホはじめるプログラム」は2017年3月からの改善で他社ケータイとauで18歳以下で新規契約の二つが追加で対象となったことで対象者が一気に広がりました。

更に、2017年5月25日からの「スマホはじめる割」への変更で,毎月割の対象になるデータ定額3とデータ定額5も対象となることで、さらにキャンペーン利用の幅が広がりました。いくら月額維持費が安くとも、データ定額1GBでは利用するユーザーをかなり選んでしまいます。今回の「スマホはじめる割」で改善される事によって、一般ユーザーも喜ぶことが出来る内容になったと言ってもいいのではないでしょうか。残念ながら毎月割は対象外となってしまいましたが、これだけのキャンペーンなので贅沢は言えません。

更に、「auスマホはじめるプログラム」でも、1920円の割引が次回機種変更まで継続という条件は「スマホはじめる割」でも適用されることになり、別途でかかってくるスマホの本体代金も大きく値引きが入るという至れり尽くせりなキャンペーンとなっています。

auにせよ、ドコモ・ソフトバンクにせよ、これまでガラケーを大切に使い続けてきた方は、あまり機種変更しないでしょうし、メリット大きいですね。

新しい料金プランはこちら

関連記事:auの格安対抗の新プラン「ピタットプラン」と「フラットプラン」登場!スマホの新しい買い方が始まるか?

他社の類似キャンペーン記事

au関連記事

本日も最後まで読んで下さりありがとうございます。当ブログはランキングに参加しています。ご支援の1クリックお願します!

にほんブログ村

スポンサードリンク




投稿者: kitaku

妻一人、子二人で貯蓄無しのキタクです。 散財癖はあまり変わらずとも出来ることがあると信じ、今までの経験を糧に2016年の年の瀬から色々と取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です