【dポイント】期間・用途限定ポイントをdケータイ払い+を利用し、ネット通販で消費しよう!ノジマオンラインを使って使い方解説します!

LINEで送る
Pocket

ゴールデンウィークも終わり、私も仕事に一区切りついたので、休みがちになっていたブログを再開します。

ゴールデンウィークに限らず、世の中の大型連休中は私は基本仕事をしてますので、残念ながらどこにも行けないのですが、この大型連休中は多くのお店が帰省客や旅行客をターゲットにして、セールを行います。

まあ、私の場合は仕事してるのでお店のセールには無縁なのですが、当然ながらネット通販でも同じようなGWセールを行っている訳で、今回はドコモのキャンペーンや春のす~ぱぁ~チャンスで手に入れた、期間・用途限定のdポイントを消費する為にノジマオンラインでセールの家電製品を購入しました。

今回は、dケータイ払い+を利用したことがない方向けに、dポイント加盟店のオンラインストアでのdポイントの使い方について書いてみようと思います。


dポイントってなに?

NTTドコモが元々あったドコモポイントを共通ポイントに変えて2015年にスタートしたdポイントです。元々が7000万人を超える顧客を持つ大企業NTTドコモが母体になっているだけに規模は非常に大きく、共通ポイントとしては新参者ですが、加盟店がどんどんと増えてきています。

dポイントクラブ公式:dポイントの利用できる街のお店一覧

dポイントが開始してからは共通ポイントの利用としてはお馴染みのローソンや、マクドナルドでの利用くらいしか出来ないイメージでしたが、ものすごい勢いで加盟店が増えています。ノジマやジョーシンの家電量販店や最近ではかっぱ寿司や丸亀製麺など飲食チェーンまで多くの企業が加盟しています。

dポイントクラブ公式:dポイント払い+が使えるオンラインストア

私が主に使うのはコチラです。今回利用をさせていただいた、ノジマオンラインやひかりTVショッピングをなどで家電の購入も出来ますし、ファッションではワールドやユナイテッドアローズ、ABCマートなどのオンラインストア、話題のフリマアプリ「メルカリ」や、サンプル百貨店、無印良品など、加盟店はオンラインストアだけでも50を超えます。

この多くの加盟店で、共通して使ったり、貯めたりすることが出来るのが、dポイントです。

dケータイ払い+はドコモの契約がなくても利用できる

dケータイ払いには、通常のdケータイ払いと今回紹介するdケータイ払い+の2つがあります。この2つの支払い方法を比較してみましょう。

dケータイ払い+はドコモの契約がなくても利用可能

携帯料金合算請求とクレジットカード払いが選べて、ドコモを持ってない方が利用する場合は、自動でクレジットカード払いになります。

dケータイ払い+だとdポイントがもらえる

そして、通常のdケータイ払いでは付与されない、dポイントがdケータイ払い+だと付与されるようになるので、dケータイ払い+の方が、支払方法の選択も出来て、ポイントがもらえるので非常にお得です。

dポイントクラブの公式Q&Aでもはっきりと書いてあります。dケータイ払いが使える通販サイトで、クレジットカード払いをする人は、使わなかったら損するだけなので、ぜひ利用してください。

加盟店オンラインストアでのdポイント利用実践

っと言う事で、dケータイ払い+の使い方を見ていきましょう。今回利用したのはノジマオンラインです。他のオンラインストアでの購入でも基本の操作は同じなのでdケータイ払い+の利用方法、dポイントの使い方を見ていきましょう。

まずは、オンラインストアで商品を選んでカートに入れます。

支払方法にdケータイ払い+がある事を必ず確認してください。

商品を確認して購入手続きに進みます。

購入者情報と配送方法の確認をして次へ。

支払方法の選択時に必ずdケータイ払い+を選択してください。

その後、金額等を確認して注文内容の確認画面へ

注文商品や金額の確認を行い「注文する」を押してください。

はじめてdケータイ払い+を利用する人は、必ずここ「ん?」っと疑問をもって止まります。なぜならdポイントを使うにも貯めるにも、dアカウントやドコモのケータイの登録する項目がないからです。

私も最初は「おいおい!このまま注文していい訳ないでしょ?」って独り言をつぶやきながら、ノジマオンラインのヘルプに駆け込みました笑

結果として、ここは「注文する」を押して大丈夫です。ただし、必ず支払方法にdケータイ払い+を選択しておかないと、dポイントを使う事も、貯める事もできないので注意してください。

dケータイ払い+の支払い手続き

オンラインストアで支払い方法にdケータイ払い+を選択して「注文する」をクリックすると、自動的にドコモケータイ払いのフォームへ移動します。

ここで、dアカウントへのアクセス画面が出て来ます。これにより、オンラインストアの買い物とdポイントが紐づきます。

注意事項の確認をしてドコモ認証に進みます。

料金の確認と支払方法を確認してください。NTTドコモの契約がない場合は電話料金の合算払いの選択は出来ません。クレジット払い等の他の支払い方法を選択するようになり、ドコモを契約している人も禅話料金合算払い以外の支払いも当然できます。

そして、dポイントの利用をする場合は、利用するポイント分を入力。

最後に決済の支払い方法と、ポイントの利用の確認を行い注文を確定すると、dポイントの利用が出来ます。※今回の買い物は全額dポイント利用で支払った為、獲得予定ポイントが0ポイントですが、通常は1%還元、金曜・土曜は5%還元、キャンペーンが入るときは最大で30%還元を超える事もあります。

以前記事にした、春のす~ぱぁ~チャンスでは26%還元でした。

関連記事:ドコモを使ってなくても大丈夫!春のスーパァ~チャンス!選択次第でdポイントが最大26倍に!3月31日まで

※上記記事のキャンペーンは2017年3月31日をもって終了しています。


dケータイ払い+のメリット

dケータイ払い+を支払いに選択する1番のメリットは、ポイントの重複取りですね。

今回はdポイントで全額払ったので、ノジマオンラインのノジマポイントの獲得だけでしたが、dケータイ払い+でクレジットカード払いを選択すると、

  1. ノジマポイント
  2. dポイント
  3. クレジットカーの利用ポイント

とポイントの3重取りが出来ます。

オンラインストアの利用と言えばハピタス経由がもはや常識

これは、絶対に忘れてはいけない事項ですね。どんな買い物をする時でも、オンラインストアを利用する場合は、必ずポイントサイトを使わないと損です。

今回のdケータイ払い+での支払いもポイントサイトは当然対応しています。

今回の買い物もハピタスの検索バーでノジマオンラインを検索

検索すると当然のように現れますが、今回は還元率が0.6%とちょいと低いですが、問答無用でクリック!

ポイントを貯めるを押すとノジマオンラインのホームページへ自動で飛びます。

先ほどの手順の前に、このハピタスを経由するだけで

  1. ノジマポイント
  2. dポイント
  3. クレジットカード利用ポイント
  4. ハピタスポイント

上記のようにポイントが4重取りになります。今回は買い物が7739円と少額でしたが、家電製品を購入する場合は大きな金額が動くこともあると思うので、ハピタスを経由するだけでポイントが増えるのは嬉しいですよね。

さらにハピタスのいいところは、今回の買い物は期間限定ポイントの消費目的で全額dポイント払いでしたが、ハピタスポイントは全額ポイント払いでももらえます。

判定中ですが既に通帳反映もされてます。

本当なら全額dポイント払いだと1%のノジマポイントしかもらえなかったところが、ハピタスの0.6%還元も加わり、1.6%還元となりました。

キャンペーンでもらった期間・用途限定ポイントを利用して支払ったにもかかわらず、商品代金の1.6%は戻って来るって本当に嬉しいです。

当然、春のす~ぱぁ~チャンスの最大26%還元も併用可能だったので、3月はノジマオンラインとひかりTVショッピングでガッツリと使わせていただきました笑

関連記事:【ポイントサイト】ハピタスに危険はないの?評価と評判をチェック!

関連記事:ポイントサイトの基本とガッツリ稼げるオススメのポイントサイトを紹介します!

まとめ

dケータイ払い+の詳しい利用方法を書いてみましたが、先のも書いたように、この支払方法の1番のメリットはポイントの重複獲得が出来ることです。

さらに定期的な大きなキャンペーンを行っているのも魅力ですし、ドコモの契約がなくても、dアカウントを作成してしまえば、誰でも利用する事が可能というのも魅力を更に高めてくれますね!

ハピタス経由や支払い方法を駆使すると、ポイント5重取りなんて事もできるdケータイ払い+です。dケータイ払い+加盟店で買い物をする機会がある人は、dアカウントの作成とハピタスの登録をして、お得にポイント集めていきましょう!

ブログランキングに参加しています。ご支援のクリックいただければいい情報をといったモチベーションにも繋がるのでよろしくお願い致します!

にほんブログ村

dケータイ払い+加盟店の一覧は下記リンクを参考にして下さい。
dポイントクラブ公式:dポイント払い+が使えるオンラインストア

ハピタスの登録がまだの方は、下記リンクから登録されますと、少額ですが紹介特典をもらえます。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


投稿者: kitaku

妻一人、子二人で貯蓄無しのキタクです。 散財癖はあまり変わらずとも出来ることがあると信じ、今までの経験を糧に2016年の年の瀬から色々と取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です