クレジットカード特典攻略!なかなか厄介な利用特典!せっかく発行するなら貰えるものは貰わないと損!

LINEで送る
Pocket

先日からギックリ背中と言う、背中痛に見舞われていました。ギックリ腰は聞いたことありますが、ギックリ背中って…。そんなこんなでパソコンに向かう事が出来ずに、最近は妻にタイプしてもらってましたが、読み直しても話がまとまってないですね笑

さて、私はポイント獲得の為にクレジットカードの発行をよく行いますが、カード発行会社の特典でカード利用ってよくありますよね?

このカード発行時の発行会社が行なっているカード利用特典の獲得方法について書いてみたいと思います。

スポンサードリンク



カード利用特典とは?

クレジットカードを発行する際に、発行会社が行なっているキャンペーンがあります。

こんなヤツですね。このキャンペーンの中には、発行するだけの特典や利用特典、携帯代金や電気代金などの固定費の支払い設定をする、発行会社関連のサービス加入などなど、様々な特典があります。

利用特典は楽天カードやリクルートカードなどは金額に定めがなく、金額は1円でも良いので1回でも使えば対象になるものから、10万円以上の利用なんてものもあります。

利用特典の還元例

先ほどのイオンカードの場合は5万円利用で最大5,000円プレゼント(2017年4月26日時点)です。利用金額の10%還元なので大きい還元ですね!

こういった特典は還元が大きいですが、残念ながらその時に『5万円分の買い物する予定が無いので無駄遣いしたくないし、勿体無いけどいいや…』なんて話になる事ありません?

私もカード発行初心者の頃はそうなってた時もあります。ただ、発行会社がくれるって言うキャンペーンをもらわないのは勿体無い!なので、取りっぱぐれない方法を公開します。

無駄遣いせず利用特典を獲得する方法

5,000円をもらう為に、不要な5万円を使う。5万円のうちの4万円は必需品でも、あとの1万円を5,000円分の特典をもらう為に無駄遣いする…やはり、これではあまり意味がないですよね?

では、無駄遣いせずに利用特典を受け取るにはどうすればいいか?このブログを読んで下さってる方ならわかると思いますが、クレジットカードでプリペイドカードにチャージしてしまえば良いんです!

昔はAmazonギフトに変えてましたが、Amazon内での買い物に限られてしまうデメリットがありました。しかし、最近はプリペイドカードと言う、圧倒的に便利なツールが普及しています。そして、多くのクレジットカードは利用特典の注意事項にプリペイドへのチャージがNGという表記はありません。

注意点もあります

この方法が使えない可能性がある注意点もあるので、必ず確認をして下さい。

①プリペイドにチャージ出来ない

クレジットカードによってはプリペイドカードへのチャージ自体が出来ない可能性があります。ダイナースやアメックスが、その例です。

多くのカードは問題ないのですが、カード発行前に確認をしておく事をお勧めします。

②プリペイドによってはチャージ出来るカードが限定される

例えばauウォレットなら、MasterCard限定などの様に、プリペイドカードによって、定められたカードやカードブランド、同じ発行会社出なければ、チャージが出来ない、もしくは手数料がかかるなどのデメリットもあるので、今持っているプリペイドの特徴を、しっかり把握しておく必要があります。

③プリペイドチャージがショッピング利用のノルマ対象になるか

これはカードによって変わってきます。そして、ダメなものにはキャンペーンの内容にプリペイドチャージは対象外と言う表記が書かれるはずです。

今年になって私が発行したカード達は、対象で、無事に特典を受け取ることが出来てます。

この様にプリペイドチャージしてしまえばいいから、ガンガンカード発行して特典をモラちっちゃおう!と安易にカード発行を行うと思った様に行かない可能性もあります。

事前に上記の3点は確認してカード発行を行うとスムーズに特典を受けることが出来ます。

対象特典は発行会社の特典だけではない

私の場合はクレジットカード発行の目的はポイントの獲得です。そうなると必ず発行する際に経由するのがポイントサイトです。

クレジットカード1枚の発行で5,000円〜10,000円ほどが相場ですが、大量のポイントがもらえます。そのときに発行するクレジットカードによってはカードの利用が条件に含まれる場合もあります。しかし、ポイントサイトのポイント付与条件は5,000円や10,000円程度の少額の物が多いので、通常利用でクリアも出来る程度のものですが、これもプリペイドにチャージしてノルマ達成が可能です。

スポンサードリンク



プリペイドカードの位置付け

最近、たくさんのプリペイドカードが新しく出てきてますが、どうしてでしょう?

そもそも、クレジットカードでプリペイドカードにチャージするなら、クレジットカード使えばって話にもなるんですが、それだとポイントの2重取りの機会を逃してしまいますし、そもそもプリペイドカードは、クレジットカード利用者に向けて出ているのではないのかもしれません。

今の日本ではクレジットカード業界は飽和状態で、キャンペーンで囲い込みを行なっても、思った様な成果が上がらずに、最終的に『改悪』という流れになっています。最近でも、記事にしたファミマTカードやライフカードの改悪がありました。

この様な飽和状態を打破する為に、クレジットカード業界は新たなターゲットを探さないといけないのですが、その新たなターゲットが、クレジットカードを持ってない人達です。

例を挙げると

  1. クレジットカードの発行が出来ない人
  2. クレジットカードに抵抗がある人

この2つに該当する人がターゲットとなります。

ただ、過去に金融事故を起こしたり、年齢が20歳未満だと当然カード発行は無理ですし、非正規社員の雇用形態が増えてきてカードの審査に通らないという方もいらっしゃいます。また、カード発行のキャンペーンを上げてもクレジットカードに抵抗がある人は、なかなかカード発行に至りません。

そんな人たちにもカードを利用してもらうためにプリペイドカードがあり、プリペイドになれた方やプリペイドを使っていた未成年の方が成人した時に、クレジットカードを受け入れやすくすると言った目的もあるのかもしれません。

まとめ

カード発行会社はもちろん利益を生むためにカード発行をしてもらいたい訳で、色々な思惑があるのは間違いないですが、安全でかつ使い勝手のいいプリペイドカードは、カード発行会社の思惑に踊らされたとしても発行する価値はあります。

特にクレジットカードの発行を行って特典を受けようと思われる方にとっては最高のツールです。カードの利用特典を受ける際に、プリペイドカードへチャージして特典のノルマを達成し、キャンペーンの期間を過ぎても日常の買い物や必要な買い物に使うことが出来ます。

クレジットカードの利用特典は、特典の金額の多いものも多いので、せっかくのキャンペーンを獲り逃さないようにして行きましょう。

本日も最後まで読んで下さりありがとうございます!ブログランキングのご協力もよろしくお願い致します。

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク



投稿者: kitaku

妻一人、子二人で貯蓄無しのキタクです。 散財癖はあまり変わらずとも出来ることがあると信じ、今までの経験を糧に2016年の年の瀬から色々と取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です