【dカードプリペイド】ドコモユーザー以外でも発行可能になった模様!今度こそポインコデザインカード品切れなるか⁉︎

LINEで送る
Pocket

ブログを書いていると、書いた直後に改善や改悪が起こる事はあります。

今日は先日から何度か取り上げているdカードプリペイドが、2017年4月17日に新しい発表を行いました。

このプリペイドカード自体が、非常に魅力的というところまでは行かないですが、今回の発表によって、先日書いたキキャンペーンを受けることが出来る方が、大きく増える事となりましたので書こうと思います。

関連記事:【dカードプリペイド】dカードプリペイド入会キャンペーン開催!今ならもれなく最大1,000ポイントプレゼント!

スポンサードリンク



今回の発表での変更点は2つ

昨日、dカードプリペイドサイトへアクセスすると、お知らせが目にとまりました。

4月17日に2つのお知らせが出ていますので、詳しく見ていこうともいます。

ドコモの契約なくても申込可能

dカードプリペイドは今まではドコモ回線を持っている人しか申し込みが出来ませんでしたが、この度の発表でドコモ回線の契約をしていない人でも、dカードプリペイドの発行が可能になりました。

ドコモの回線契約がなくても、Yahoo!アカウント、Google+アカウント、Facebookアカウント、mixiアカウントで発行の手続きが可能となりました。

これによって、今現在行われている『公式:最大1,000円キャッシュバックをもれなくキャンペーン』に誰でもエントリーすることが出来る様になりました。dカードプリペイドに興味がなくても、1,000円もらえるならもらっておいた方がお得です。

スポンサードリンク



dカード以外のクレジットカードからもチャージ可能

4月17日リリースの発表された2つ目の変更点ですが、今までdカードプリペイドはdカード以外のクレジットカードからのチャージが出来ませんでしたが、2017年4月17日からここも縛りがなくなり、他のカードからのチャージが出来る様になりました。

dカード プリペイドのよくあるご質問:クレジットチャージとは何ですか?

上記の公式サイトの引用です

クレジットチャージとは、チャージする際のお支払い方法の一つで、お持ちのクレジットカードでお支払いができます。ご利用いただけるクレジットカードはVisaカード、Mastercardとなります。

クレジットチャージには手数料がかかります(200円/回)。

※VJA、オムニカード協会加盟店各社発行のVisaカード、Mastercard及びdカードをご利用の場合、手数料は無料となります。

チャージされる際には、クレジットカードの認証が必要となります。(Visaは「Visa認証サービス」、マスターカードは「Mastercard SecureCode(マスターカード・セキュアコード)」)クレジットカードの認証サービスについては、各カード発行会社にお問い合わせください。

上記の内容を見るに、『VJA、オムニカード協会加盟店各社発行のVisaカード、Mastercard及びdカード』以外のカードを利用する場合は、手数料200円を払わないといけないようなので、まあ一応使い勝手が変わりました。程度の話でしょうね。


まとめ

2017年4月17日にリリースされた、dカードプリペイドの変更点はドコモ回線の契約者以外でも、申込み条件を満たしていれば誰でも発行することが可能となり、さらにdカード限定だったクレジットカード払いも、dカード以外のクレジットカードからもチャージが可能となるなど、カードの発行やチャージにおける縛りが大きく緩和された事となります。

ただし、今のところドコモ回線の契約者以外がdカードプリペイドを持つメリットが、あまり見当たらない為に今回の緩和も改善と言うには弱いです。

しかし、今までdカードプリペイドを発行することが出来なかった他社の携帯会社を利用していた方から見ると、現在行われている1,000円キャッシュバックを受け取るエントリーが出来る様になったので、メリットだとかんがえてこの機会に発行をするのも良いかもしれません。

今回、dカードプリペイドを発行する方が増えると、今まで先着10万名のポインコデザインカードが、このキャンペーンの間にやっと配り終わる可能性もありますので、通常デザインカードが発行され出すのを心待ちにされてらっしゃる方にも朗報かもしれませんね。

関連記事一覧

本日も最後まで読んで下さりありがとうございました。今後のモチベーションにも繋がりますので、ブログランキングのご協力もよろしくお願いします。

スポンサードリンク





投稿者: kitaku

妻一人、子二人で貯蓄無しのキタクです。 散財癖はあまり変わらずとも出来ることがあると信じ、今までの経験を糧に2016年の年の瀬から色々と取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です