【dカードプリペイド】ドコモユーザーは貯まったポイントはそのまま使わずにチャージして使った方がおトク!

LINEで送る
Pocket

2016年11月21日から発行を開始している「dカードプリペイド」はdポイントがより一層便利でお得になる国際ブランド搭載のプリペイドカードです。

dカードで貯まるdポイントをそのまま使うより、一度dカードプリペイドにチャージしてから決済すると、更にdカードプリペイドで決済した分も、追加でdポイントが得られるため、最大限にポイントが得られるメリットがあります。

今回はこのdカードプリペイドについて書いてみようと思います。

スポンサードリンク



dカードプリペイドとは?

dカードプリペイドはdポイントカードに国際ブランドMasterCardとiD決済機能が搭載され加盟店であればどこでも利用が出来るプリペイドカードです。

「プリペイドカード」は、簡単に言うとお金を入金して利用する電子マネーや金券のようなものです。SuicaやWAON、nanacoなどの使い方をイメージしていただくと良いと思います。

クレジットカードと違い入会審査はなく、ドコモの回線契約者で満12歳以上の方が、申し込むと誰でも発行できます。追記:2017年4月17日よりドコモ回線の契約者以外でもdカードプリペイドの発行が可能となりました。

MasterCard搭載のプリペイドカードでドコモユーザーのみが申し込めるという内容は、以前このブログにも書いたauユーザーが利用できる「au WALLET プリペイドカード」と類似しています。

関連記事:【au WALLET】使い方ガイド!auユーザーなら使うべき!放置するのはもったいない!

年会費・発行手数料無料で保有・利用する為の費用は一切かからずに、国内外のMasterCard加盟店、一部を除くiD加盟店でクレジットカードのように支払うことができます。さらに全国のID加盟店インターネットでのカード決済や海外でのショッピングでも利用可能です。

公共料金・保険料などの月々の料金の支払い、ガソリンスタンド、高速道路料金など、一部に利用できない店舗・サービスがあるので注意は必要です。

MasterCardとiDの決済機能が付帯していますが、クレジットカードではないので事前にチャージした金額を上限として決済が可能になり、チャージ残高の上限は30万円となっています。

dカードプリペイドの還元率

dカード プリペイドカードで支払うと、200円につきdポイント1ポイントが付与されます。還元率は0.5%と標準的です。

dポイントはローソン・マクドナルド・高島屋などのdポイント加盟店で1ポイント1円で利用することが出来ます。dポイントカード機能もあるので、dポイント加盟店でdカード プリペイドを提示して決済するとポイント二重取りが可能で、決済の0.5%と共通ポイントの1%を合わせて、合計1.5%還元になります。(店舗によっては共通ポイントの還元が0.5%のサービス/店舗があります。)

加盟店一覧はこちら⇒街のお店でためる|d POINT CLUB – Docomo.ne.jp

加盟店の中でもローソンではその他に3%が後日バリューとしてキャッシュバックされます。決済の0.5%+共通ポイント1%に加えて、後日キャッシュバックの3%が加わるので、なんと合計で約4.5%還元となります。


カードデザインは先着10万名はポインコデザイン…

カードのデザインは通常版と、先着10万枚の初回限定のポインコデザインカードの2種類となります。なくなり次第、通常デザインカードにて発行されて、ユーザーが通常カードを望んでも残念ながら10万枚はポインコデザインで発行されます。

皆さんはどちらのカードが欲しいですか?我が家にも3枚ポインコデザインプリペイドが存在しています…残念なほどに使いたくないので3枚とも妻に渡しているので自分で使う機会がほぼありません…

スポンサードリンク



dカードプリペイドへのチャージの仕方

dカード プリペイドへのチャージ方法は、大別して専用Webサイトでのチャージとローソン店頭での現金チャージがあり、専用Webサイトでのチャージは、電話料金合算払い、dカード払い、dポイントチャージの三種類から選ぶことが出来ます。追記:2017年4月17日よりdカード以外のクレジットカードからもチャージが可能になりました

ローソン店頭 1,000円~49,000円の間で1円単位でチャージ可能
専用Webページ 電話料金払い

チャージの金額がドコモの携帯電話料金と合算して請求される。

dカード(クレジット)払い

所有しているdカードクレジットに請求される。

dポイントチャージ

貯めたdポイントを1ポイント=1円として、月10,000円を上限にチャージ。(期間・用途限定ポイントはチャージ不可)

1回あたりのチャージ額の最低のチャージ単位は500円(1円単位)で上限は最大5万円です。チャージ方法により上限が違うので注意が必要です。

電話料金合算払い・dカード払い:500円~最大50,000円
dポイント:500円~最大10,000円
ローソン店頭:1,000円~49,000円
※dカードでのチャージ時には、dポイントは得られません。

dポイントはドコモユーザーにとってはドコモ利用料金に充当できたり、ローソン・マクドナルド・高島屋等のdポイント加盟店で使えるので現金同様に使える共通ポイントとなりますが、やはり現金ほど利便性が高くありません。

ただ、このdカードプリペイドを利用ることでMasterCard加盟店で利用することが出来るため、本当に現金同等の価値に引き上げることが出来ます。

MasterCardはVISAと並んで世界中で加盟店が多いのがメリットで日本に限定されず地球上で幅広く使えるようになります。

クレジットカードの売上高の世界シェアは、Visaが1位、MasterCardが2位です。この2つで80%の世界シェアを誇りと圧倒的なビッグ2となっています。日本ではJCBが強いと言われていましたが、現在では国内シェアも1位がVISA、2位はMasterCardとなっていて、JCBが使える店舗は上位2ブランドと比べると限られています。

dカードプリペイドを使って買い物した場合、万が一dカードプリペイドの情報が流出しても、dカード本体の番号を知られることはなく、セキュリティ面でも安心することが出来ので、例えばネットショップで信頼性が定かではないショップでのお買い物にはdカードプリペイドで決済するといいです。


プリペイドは使いすぎ防止にもなる

先にも書いたように、dカードプリペイドは事前にチャージした分しか利用することが出来ない為、クレジットカードだとついつい使い過ぎてしまうという方には持って来いで、使いすぎ防止にもなりますし、クレジットカードを使った金額は負債となり、もし支払日に引き落としが出来なかった場合は、信用情報機関に事故情報が登録されてしまいますが、dカードプリペイドにはこのようなデメリットは無く、チャージされた金額が支払い金額を下回った場合は決済自体が出来ません。

dカードプリペイドはこのような意味でも安心して利用することが出来て、さらにクレジットカードのような利便性・お得な還元と、現金同様の仕組みが両立していますので、非常に使い勝手はいいと思います。。

まとめ

dカードプリペイドは、dカードで貯まったdポイントを、一度dカードプリペイドにチャージしてから利用することで、dカードプリペイドで決済した金額に対してもdポイントが付与されるため、ポイントの2重取りが出来て、より一層お得になります。

ポイントからのチャージに月上限があったり、おサイフケータイやApplePayの対応も噂のみで終わってしまいましたが、それでもIDとMasterCard加盟店で貯まったdポイントを気軽に広い範囲で使えるようになったことは確かです。ドコモポイントがdポイントという共通ポイントに代わっただけでなく、さらに利便性が向上したdカードプリペイドは、ドコモユーザーであれば使う価値は十分にありますよ。

関連記事:【docomo】ドコモ利用者は検討すべき!dカードゴールドの魅力を探る

本日も最後まで読んでくださりありがとうございます。よろしければ、ブログランキングのご協力お願い致します!
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ

スポンサードリンク





投稿者: kitaku

妻一人、子二人で貯蓄無しのキタクです。 散財癖はあまり変わらずとも出来ることがあると信じ、今までの経験を糧に2016年の年の瀬から色々と取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です