【格安SIM】他ではないサービスを提供する『LINEモバイル』の魅力に迫る!カウントフリーにLINE Payカード払いも可能!

LINEで送る
Pocket

日本で最も普及していると言われるSNSは?と聞かれたら多くの人が『LINE』と答えるでしょう。そのLINEが昨年の秋にサービス開始をしたのが、ドコモ系SIMの『LINEモバイル』です。

サービス開始直後から、独自のサービスや速度面で評価が高く、LINEの格安SIM参入という事で話題性も大きかったですが、その評判は今も変わっていません。本日はこのLINEモバイルを取り上げてみようお思います。

LINEモバイル

LINEモバイルの初期費用

LINEモバイルの契約時にかかる費用は以下2点です。

  • 登録事務手数料:3,000円
  • SIMカード発行量:400円

共に税抜き価格です。事務手数料は携帯キャリアやどのSIM会社でも、かかって来ますが、SIMの発行手数料が余分にかかってくる印象があります。

最低利用期間と解約料

LINEモバイルは契約するプランによって、最低利用期間や解除料が変わってくるので確認しておきましょう。

  • データのみ:最低利用期間無し
  • データ+SMS:最低利用期間無し
  • データ+SMS+音声通話:音声通話SIMプランをご利用の場合、利用開始日から起算し、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含みます。)に、サービスの解約又はMNP転出をする場合は9,800円(税抜き)の解約手数料が発生します。

音声サービスを利用する場合のみ、最低利用期間と解除料が設けられていますので、ご注意ください。

カウントフリーと3つのプラン

LINEモバイルにはカウントフリーと言う独自のサービスとシンプルな3つのプランがあります。このカウントフリーとは、対象サービス(SNS)のデータ通信量をカウントしないというもので、もしデータ容量を使い切ってしまっても、該当する機能に関しては速度制限の対象外となり、ずっと高速通信で利用することが出来ます。

プランによってカウントフリーとなる、サービスに違いがあるので、LINEモバイルのプランとカウントフリー対象サービスを確認してみましょう。

LINEフリープラン

LINEモバイルのプランで最安なのはLINEフリープランです。月額がなんとワンコイン(500円)で、追加料金を払う事でSMSや音声通話を利用できますが、音声通話はサービス基本料金が700円と割高な上に、通話料も30秒20円とかかってしまい、無料のLINE電話で代用が効くのでお勧めしません。サブのスマホやiPadなどのタブレットでデータ専用SIMとして利用するのがオススメです。

このプランでは、LINEの基本サービスがカウントフリーとなり、データ通信量を消費することはありません。ただし、注意が必要なのはLINEのアプリから、外部のリンクに飛んでウェブサイトを表示した場合やLINEニュースから元記事へのアクセス、トークに配信されるライブストリーミング動画などはカウントフリー対象外になるので注意が必要です。

コミュニケーションフリープラン

コミュニケーションフリープランにはデータ通信のみと言うプランはありません。データ+SMSの3GBが最安となり1,110円~になります。

このプランは、LINEフリープランから、カウントフリーとなるサービスが大きく増えて、LINEの他に、Twitter・FACEBOOK・Instagremのアプリの上記機能がカウントフリー対象として追加されます。こちらも先ほどと同じでカウントフリーサービスからの外部へのアクセスやライブストリーミング動画の再生などはカウントフリー対象外となりますのでご注意ください。

MUSIC+プラン

MUSIC+プランは、コミュニケーションフリープランのカウントフリー機能に加えて、LINEが提供するLINE MUSICアプリがカウントフリー対象として加わり、データ通信量を消費しません。

※ただし、LINE MUSICの基本使用料は別途必要になります。

  • 20時間チケット(30日間で20時間再生):500円
  • プレミアムプラン(30日間聞き放題):960円

LINE MUSICには30日間無料体験があるので、まずはLINE MUSICの無料体験を行ってから、このMUSIC+プランにするか、コミュニケーションフリープランにするか決めるといいと思います。

スポンサードリンク



余ったデータをプレゼント

LINEモバイルには余ったデータを知り合いにプレゼントできます。auのデータギフトに類似したサービスですが、auのギフト機能は家族間限定だったのに対し、LINEモバイルの場合は家族以外の友人や知人にも500MB単位でプレゼントすることもできます。

LINEの年齢認証が可能

ドコモ・au・ソフトバンクの携帯キャリアは契約時に成年/未成年の確認判定を行うので簡単に年齢認証が出来るので、格安SIMを利用したことがない方は何の話か分からないかもしれません。

通常、LINEアプリでは年齢認証をないとID検索機能が使えないようになっています。格安SIM会社のSIMサービスでは、この年齢認証がズバリ出来ないのです。

ただ、このLINEモバイルに関しては提供元という事もあってか、LINEの年齢認証が可能になってます。これは他の格安SIM会社にはないLINEモバイルならではのメリットとなります。

クレジットカード以外での支払いが出来る

格安SIM会社のほとんどが、クレジットカード決済が必須となるのですが、LINEモバイルは、プリペイドカードのLINE Payカードでの支払いをすることが可能となっており、クレジットカードを持っていない方や使用したくない方でもLINEモバイルの契約をすることが出来ます。

これもLINEモバイルならではの特徴ですね!さらにこのブログでも何度か取り上げたLINE Payカードは利用金額100円に対して2ポイントと2%のポイント還元をしてくれるので、LINEポイントを貯めるのにも非常に有効となります。

関連記事:日々の買い物にLINE Peyカードがオススメ!還元率2%の高還元プリペイド!

LINEモバイルの利用でLINEポイント1%還元

LINEモバイルを利用すると利用料金の1%がLINEポイントとして貯まります。しかも、LINEモバイルとLINEポイントはサービスの提供元が同じという事もあり、特別な手続きなどしなくても利用をしていれば自動的に還元されるのも嬉しいですね。

さらに、支払いをLINE Payカードで行った場合は、LINE Payカードで2%のポイント還元も受けることが出来て、利用還元の1%と合算し、3%がLINEポイントとして還元されます。

スポンサードリンク



LINEポイントの使い道

LINEポイントを貯めても使わなければ意味がありません。ポイントを貯めるだけなんてなんの価値もないですからね。

LINE Payカードにチャージ

LINE Payカードを使ていればLINE Payカードの残高にLINEポイントをチャージして利用することが出来ます。貯まったポイントを再びチャージして買い物に利用でき、再度2%還元を受けることが出来るのも魅力です。

共通ポイントに交換

LINEポイントは他のポイントにも交換が可能です。

  • Amazonギフト券:550P⇒500円分
  • nanacoポイント:300P⇒270円分
  • Pontaポイント:500P⇒450円分
  • メトロポイント:300P⇒270円分

上記の様に他のポイントと交換して、各共通ポイントを貯めることが出来ます。

LINEスタンプの購入

貯めたポイントはLINEスタンプの購入にも使えます。自分で購入することもあれば、家族や恋人・友人へのプレゼントにも使えます。わざわざ課金しなくても、通常の生活でLINEポイントが貯まっていれば、非常に役立ちますよ。

商品への交換

他のポイントやスタンプ以外にも商品にも交換可能です。

  • スタバのeギフト:500P⇒500円分
  • すかいらーく優待券:550P⇒500円分
  • プレミアムロールケーキ:150P
  • からあげクン:216P
  • 選べるeギフト:550P⇒500円分

まあ、色々ありますが、欲しいものがあれば…といった感じですね。

ポイントルーレット

LINEポイントは交換する以外にも、ポイントルーレットの抽選への参加も出来ます。1回10Pで参加は可能なので好きな方はどーぞ!個人的にはせっかく貯めたポイントをハズレで消費する可能性があるものに使うのはもったいないと思うので、あまりお勧めはしません。

LINEモバイルで使うオススメ機種

下記、機種は2017年3月27日時点で価格ドットコム スマートフォン人気ランキングに掲載され人気のSIMフリー機種をピックアップしています。参考にしてみて下さい。

ZenFone3

HUAWEI P9 LITE

HUAWEI Mate9

HUAWEI nova

arrows M03

LINEモバイルのキャンペーン

2017年3月現在のキャンペーンですはが、2つのキャンペーンが行われています。

LINEモバイルデビュー応援キャンペーン

期間が2017年3月31日までなのでもう終わっちゃいますね。利用開始日の属する月の翌月から毎月3カ月間連続で3GBをデータ容量をプレゼントしてくれるそうです。

ただし、コミュニケーションフリープランとMUSIC+プランが対象で、LINEフリープランは非対象となっているので注意が必要です。

春の新生活を応援!キャンペーン

こちらは4月30日までのキャンペーンですね。音声通話SIMでの新規契約が条件となっていますので注意してください。

LINEモバイルは契約開始月の月額基本料金が無料となっていますが、4月30日までの契約で6月7月の2ヶ月間も基本使用料が無料になるキャンペーンです。初月も含めて『最大3カ月間無料』となります。

まとめ

他の格安SIMでなはいLINEモバイルならではの特徴

  1. カウントフリー機能
  2. LINEの年齢認証可能
  3. クレジットカード無しでも契約可能

この辺りは、他のSIM会社と比べて有利になるメリットだと感じます。通信の安定性も速度もサービス開始して半年経ちますが評判が良いのも素晴らしいと感じます。

いきなりのMNP抵抗があるようであれば、まずはお試し感覚でデータ1GBのLINEフリープランを試してみて、使い勝手が良ければコミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランなどにMNPするという流れでもいいと思いますので、気になる方は下記の公式ページをご覧になられてください。
ブログランキング・にほんブログ村へ

LINEモバイル

スポンサードリンク



投稿者: kitaku

妻一人、子二人で貯蓄無しのキタクです。 散財癖はあまり変わらずとも出来ることがあると信じ、今までの経験を糧に2016年の年の瀬から色々と取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です