ソフトバンク版の格安SIM発売!日本通信のb-mobileから登場!

LINEで送る
Pocket

日本通信は本日3月22日より、「b-mobile S 開幕SIM」を発売します。今まではドコモ系のMVNOがほとんどで、au系にmineoやUQmobileがあり、それぞれのSIMロック端末に使える格安SIM会社が存在していましたが、ソフトバンク系でソフトバンクのSIMロック端末が使えるSIMは存在しませんでした。

今回の「b-mobile S開幕SIM」の登場により、初のソフトバンク系でSIMロック端末に利用できる格安SIMが発売されることになりました。

これまでの中古市場でソフトバンク版のSIMロックが解除できなかったiPadやiPhoneは価格が低く取引されていましたが、b-mobile Sの登場で状況の変化が訪れるか今後の動向を見てみたいですね。

b-mobile Sは期待外れ…?

日本通信、ソフトバンクの格安SIM「b-mobile S 開幕SIM」を明日発売

スポンサードリンク




ソフトバンク系の格安SIMという事で気になってはいましたが、値段は安そうですが、残念なことに音声通信の設定がありません。そしてデータSIMとしては割高な設定です。

日本通信は2年縛りがないことをメリットとして強調していますが、残念なことにデータSIMでは他の格安SIMでも年間契約はなく、音声SIMでも最初の1年だけと言うところがほとんどです。

ソフトバンクの回線が使えるという事の最大のメリットは、SIMロックの解除が出来ないiPhone6以前の機種や、iPhone6S以降で181日経過していない機種を利用できるという点ですが、データSIMという事はMNPをして使うという事が出来ずに、そのメリットを殺す事態となっています。

更にドコモ・auの両キャリア端末で使えるmineoはデータSIMで3GBで900円、5GBで1,580円とかなり割安です。ただ、安いですがドコモ・auには対応していますが、ソフトバンクでは使えません。

他社格安SIMと比較をすると非常に割高ですが、他に競合がいないので割高なのか、ソフトバンクとの契約の兼ね合いでこの値段になっているのかはわかりませんが、今のままではこのSIMの為に、ソフトバンクのSIMロック端末を購入する必要性は全くない思います。

iPhone6S以降の機種ならSIMロック解除が可能なので、それを買って割安なSIMを契約する方が何倍もお得になて来ます。

データSIMですがテザリング非対応?

データSIMのテザリングなしって…本当にいいところが見つからないSIMです。せっかく30GBのプランを用意したにもかかわらず、それを活かす事もできないという事になります。

これがiPhoneだけの問題なら問題ないのですが、その他のスマホやモバイルルーターでも利用が出来るのかどうかという話ですが、使いずらいSIMに間違いはないと思います。

ソフトバンク自体が、政府との兼ね合いで出したくないし使わせたくない格安SIMをとりあえず出しました、といった感じなのでしょうかね?

スポンサードリンク



LTEだけでなく3Gも使えるようです…

まあ、概要を見るだけで何の期待も出来ないSIMですが、ソフトバンクの通子端末を既に持っていて、iPod代わりに使っているという人には、多少のメリットもあるのではないでしょうか?

b-mobaile Sのパッケージ情報ですが、初代のiPadから利用が可能とのことで3Gにも対応しているようです。au系はLTE回線しか使えないですが、その辺りが差別化になるかとも思うのですが、私の地元ではソフトバンクのLTE網の設備がまだ不十分なこともあり、その辺りに配慮してのことだと見る方がしっくりきます。

まとめ

格安SIM界では老舗の日本通信のソフトバンク系格安SIM参入という事で注目は集まりましたが、この内容では期待外れとしか…

日本通信に続いてYモバイルSIMがソフトバンクのSIMロック端末に対応するのでは?という話もあるのですが、Yモバイルもスマホプランが対応しなければ、データSIMは1GB980円と割高なので、残念な内容になる可能性はあります。

格安SIMの舞台で比較をするのであれば、ソフトバンク系の回線を選ぶメリットもなく、とりあえずは様子見で何も変わらないという事で、大多数が収まるのではないかと感じています。


スポンサードリンク



投稿者: kitaku

妻一人、子二人で貯蓄無しのキタクです。 散財癖はあまり変わらずとも出来ることがあると信じ、今までの経験を糧に2016年の年の瀬から色々と取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です