無知は言い訳にならない!お金の知識と管理でサラリーマン家庭は裕福になれる

LINEで送る
Pocket

皆さんは買い物好きですか?我が家は私も妻も買い物好きで困ってました。

今まで散財と浪費を繰り返して来た我が家ですが、実は今月の収支が予想以上のプラスで終わりそうです。そして、おまけですが私のお小遣いも今月は大きくプラス収支で終わりそうです笑

お金って大切なモノだと分かってはいても、お金の勉強ってする機会ないと思いませんか?普通に生活をするだけでも、これだけ人と密接に関係してくるにも関わらず、何の知識も無いまま行き当たりばったりで、散財をしていたんだと今更ながらに痛感してます笑

その事に気がつくきっかけになったのが、このブログなので見に来て下さっている皆様に感謝しています。

スポンサードリンク



ポイントの原理と罠

またポイントか!って話ですが、このブログらしく、やはり話の始まりはここからです。

当ブログでも記事に書いたLINE Payカードですが、チャージする時に1円ほどLINEからプレゼントしてもらえます。

1万円チャージをしようとしたら、支払いは9,999円になるんですが、付与されるポイントが99ポイントで、あと1円支払いがあれば、100ポイント貯まる計算になります。この1ポイントを貯める為に駄菓子を買って金額を補うと言う人もいます。

これって上手に出来た企業戦略で、1ポイント=1円なのに、消費者は1ポイントを損したくないから必要のない10円の駄菓子を買う。そうすると、消費者は結局9円損をしています。簡単な計算なのですが、ポイントにつられて、それ以上の買い物をしてしまう。

形は違いますが、楽天などの期間限定ポイントなんかも同じです。期間切れになる前にポイントを使わないと消滅してしまうから、必要の無い物を買う。まだ限定ポイントが多くポイント内で買い物が収まれば良いですが、どうしてもそうは行かずに手出しが出る事って多くないですか?

ポイントは100円に1ポイント貯まるもの。この固定概念が99円の買い物では勿体無いから10円追加で買い物する。期間限定で無くなるともったい無いから大して欲しいものではないけど買い物する。ただポイントが足らないから手出しが出る。

ポイントは上手く活用出来ると非常に便利でお得なサービスです。しかし、企業からすると値引きサービスの概念になり、また利用してもらう為の広告の様なもので、それなりに罠も潜んでいます。

コンビニと缶コーヒー

これは私の事です。私は仕事で勤務先までの移動に片道1時間、仕事の休憩でコンビニコーヒーや缶コーヒーを買って飲んでます。勿体無いからとお茶を持って行ってもコーヒーは欠かせないので、別で買ってしまいます笑

これは、散財ではなく単なる浪費です。この浪費を削減する為に、最初にしたのはスーパーの利用です(浪費にをやめるには至りません)。今まではコンビニでカップコーヒー136円を仕事の行き帰りで買って、休憩中に自動販売機で250ml缶コーヒー110円を買ってました。これだけで1日382円です。これをマックスバリュに変えました。通勤経路に唯一あるマックスバリュち立ち寄って500mlのペットボトルを買います。コーヒーで500mlのペットボトルは好きなものがないんで、紅茶を2本買います。500mlが2本あれば量も多いので帰るまで足りるんですよ。スーパーで500ml飲料を買うと1本100円で200円なので、これだけで182円、月に21日出勤で3822円の節約になったって話です。イオンカードセレクトを提示すると、ポイントも地道にたまり、20、30日は5%OFFで、決済はLINEPayカードで行えば、毎日の事なので、かなりの節約になります。

コンビニや自動販売機がどれだけ割高なのか、缶コーヒーもカップコーヒーも飲みきりサイズなんで、飲み切ってまた割高なコーヒーを買わないと行けなくなるんですよね。

さらに、車で飲んだコーヒーのゴミを捨てにコンビニに寄ると、ゴミ箱もコンビニの店内に設置されているので、またついでに何か買おうかな?って気にさせられる悪循環から最近は解放された事もありお小遣い収支が劇的な変動を起こしています笑

お金は管理するだけで無駄な支出を減らせる

皆さんは月の途中で、なんでこんなにお金なくなってるんだろ?何に使ったっけ?って思ったことはないですか?我が家…さらには私も自分の小遣いでそんな事を思ってました。

家計を見るときには家計簿を、自分の小遣いを見る時は小遣い帳を付ける事で、自分がいつ何処でどれだけお金を使ったかわかります。これはかなり重要な事で、収支計算をしてるとどれだけ無駄遣いしてるかって自分でハッキリと確認か出来ます。

私の場合、小遣いの3割くらいが、コーヒーに消えてましたが、さっき書いた様にマックスバリュを使う事で想像以上に節約になりました。自分のお金の使った流れが分からなければ、節約と行っても何をしたらいいかわからないので、収支の流れを変えるには管理は必須です。

収入を増やすのも支出を減らすのも結果は同じ

私の様にサラリーを貰ってる、サラリーマン家庭の方はわかると思います。会社からもらう給料を3万増やすのって、簡単には行きませんよね?簡単に収入を増やそうと思えば、妻をパートに出して月に3万貰えばそれでいいですが、それにより家事や家計管理が疎かになり、結果、収入と共に支出も増えてしまうって事もあると思います。

ならば、今の収入と払ってる支出を見直して、無駄な支出がないかを調べて改善して行く事で、3万円の節約につなげる方が、我が家は断然簡単でした。

収支計画を最も立てやすいサラリーマン家庭

サラリーマン家庭のメリットは、金額に高い低いはあるかもしれないですが、毎月ある程度決まった安定収入があるところです。

サラリーマン家庭のデメリットとしては、この収入がなかなか増えないんですよね。当然ながらサラリーマンの収入は給料なので、会社に決定権があり自分でコントロール出来る職種は少ないです。

しかし、その反面、毎月決まった収入があるのだから、自分達で支出の管理とコントロールをする事で支出を減らせます。決まった収入から毎月の支出を減らしたら、減ったぶんだけ黒字になるので、まずは節約から始めるのが、1番だと思います。

スポンサードリンク



節約が出来て労働負担のない収入増を目指す

支出管理をした上で、次の一手です。我が家では、妻をパートに出すのではなく、ポイント稼ぎに精を出してもらってます。支出を見直した事で家計は月に3万以上余裕が出る様になりましたが、妻が仕事で疲れて家事を疎かにしてコンビニ弁当や外食が増えたり、支出管理が出来なくなると元も子もないので、空いた時間で気軽に出来る範囲で、月に1〜2万です。

ただ、月に3万節約した上で2万収入が追加されても、月に5万稼ぐのと同じ事ですよね。サラリーマン家庭はまずは何を見直したら節約になるのかを考えて、節約が終われば労働による負担を増やさない形で1〜2万の収入を得る事ができれば、劇的にお金の流れは変わって来ます。

最後に

書いてて趣旨が多少ズレてしまった気もしますが、サラリーマン家庭は安定した収入があるので、収支計画が立て易く節約をしたら思った以上に余裕が出て来ます。

節約習慣を身につけた上で、クレカやプリペイドの活用をするポイント生活やちょっとしたお小遣い稼ぎが出来ると、さらに生活が豊かになって行きます。

そこまで徹底した節約をしなくても、支出の意識と管理を行う事で、月に万単位の節約は出来ると思います。1回1回は大した額ではないですが、それを積み重ねる事で貯蓄で複利投資の様な資産形成が行えて、長い目で見るとリスクなく相当な金額の資産が積み上がっていくでしょう。

自営業者と違って、収支計画が立てやすいと言うメリットを生かして、生活を豊かにするのは、お金の管理をして無駄を省く為の知識を得る事が重要になるので、ほんの少しでもその役に立てる記事を今後も書いて行きたいと思います。

スポンサードリンク



投稿者: kitaku

妻一人、子二人で貯蓄無しのキタクです。 散財癖はあまり変わらずとも出来ることがあると信じ、今までの経験を糧に2016年の年の瀬から色々と取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です