1ポイントの価値とポイントサイトの仕組みについて考える

LINEで送る
Pocket

皆さんは普段買い物でポイントを貯めたり使ったりしてますか?

ポイントは、人によって価値観は違うと思いますが、通常1ポイント=1円の等価レートのものがほとんどで、貯めるポイントの種類や貯め方は人それぞれ違っています。

今回はそのポイントについての私なりの考えと貯め方を書いてみようと思います。

ポイントの価値

私もこのブログでクレカやプリペイドの決済によりポイントの優劣に関していくつか記事を書きました。

人によっては、クレジットカードの支払いにより貯まるポイントは、大きく違い、日々の積み重ねで貯まるポイントは非常に価値のあるものという評価をする方もいらっしゃいます。

人によってはクレジットカードの支払いによって、1%の還元と1.5%の還元では、年間100万円支払って、10,000ポイントが15,000ポイントにかわり、5,000円しか代わりがないのだから、たいして意味がないと評価をする方もいらっしゃいます。

当然の事ですが、これには正解も不正解もなく、個人の感覚の違いでしかありません。とかってありふれた事を書いてみましたが、この個人の感覚って非常に大事だと思います。



人の感覚はそれぞれ

例えば、最近流行りの格安SIMですが、通信品質やサービスは大手キャリアに劣っても、それ以上に価格に価値を見出しているという事です。

そして、節約と言って格安SIMを契約する人の中には、コンビニでの買い物が定着しており、飲食から日用品まで生活のほとんどをコンビニでと言う人もいます。

人によっては矛盾を感じる人もいれば、人によっては携帯電話会社の通信品質やサービスよりも、気軽に使えるコンビニの利便性の方が勝ると言うだけで、当たり前のことだという人もいます。

ポイントの価値観も人それぞれ

基本ポイントって1ポイント=1円のサービスが多いですよね?

この1ポイント=1円のバランスが崩れて、1ポイント=5円のポイントが、同じ100円で1ポイント貯まるとしたら、皆さんは1ポイント=5円のポイントを貯めますか?

そんな価値の高いポイントあるの?って言う話ですが存在します。俗に言うマイレージ(マイル)と言われるポイントです。

このマイルは正確にはポイントの価値は使う時期や使い方によってかなり変動します。1マイル=2円〜10円以上と非常に高い価値があり、これを好んで集めるマイラーと呼ばれる方々もいます。

しかし、このマイラーと呼ばれる方々は世の中ではほんの一部しかおらず、大多数の人は1マイル=数円にもなるマイルを貯めず、1ポイント=1円のポイントを貯めるという矛盾もあります。

矛盾の生まれる理由

人によってはマイル自体の存在を知らない、貯め方がわからない、何に使えるの?という理由の人もいれば、飛行機を使って旅行に行くような時間がなかなか作れないと言う人もいます。

私も陸マイラーになろう!と思った時期もありましたが、飛行機を使って旅行へ行くだけの休暇がちょくちょくと取れる仕事ではないので、年に2-3回の家族旅行をポイントで楽しむ為に少しずつですがPontaポイントと、数年に1度の長期休暇を満喫する為に、ほんの僅かなマイルを並行して貯めています。

ポイントで旅行を楽しむ?

人によっては想像し難いかもしれません。大手ネットショッピングには、楽天トラベル、YAHOOトラベル、じゃらんなど、ネットで宿泊予約が出来るサービスがあり、楽天トラベルでは楽天ポイント、YahooトラベルではTポイント、じゃらんならPontaポイントなど、各共通ポイントの利用が出来ます。

私の場合はPontaを貯めているので、必然的にじゃらんを使っているのですが、年に数回の家族旅行(夫婦2人と未就学幼児2人)の宿泊費をPontaで賄うくらいのポイントを貯める事は可能です。

上記は私が貯めているPontaポイントです。ちょくちょく消費するので、あまり貯まってないですが、じゃらんで使えるPontaポイントは55,114Pontaあり、期間限定のリクルートポイントが2,005ポイント。その内、5ポイントが3/31まで、2,000ポイントが4/30までの期限でです。このポイントを使って5月に大分・熊本の2泊3日の旅行を予定しています。

ポイントの貯め方

これに関しては色々とあります。クレカやプリペイドの決済方法を駆使して、ポイントを貯める方法もしかりです。

ただ、冒頭でも述べたように、クレジットカードの決済で、高還元と言われるカードを使用しても、100万円の支払いで1万や1.5万のポイント付与なので、年に数回の家族旅行分のポイントを貯める事は出来ません。

決済による付与ポイントはあくまでも、ポイントを貯める活動においての補助的な役割で、これが主になる事はないです。

多くの方が実践されてるポイントの収集方法にポイントサイトの利用があります。

ポイントサイトの利用には、人によってはやはり価値観の違いはあるでしょうが、最初は私もおっかなびっくりで始め、いつの間にか呼吸をするかの如く、今では普通の事となっています。

先にも話をしたように、カード払いでの1%還元だと100万円の決済して1万ポイント、1.5%還元のカード決済だと1.5万ポイントで5,000円分の差が出てくるのですが、この5,000円分のポイントは、ポイントサイトを経由してクレジットカード1枚発行したら十分に稼げますし、もっと言うとポイントサイト経由で焼肉を食べに外食に行くと5000円分のポイントを貰えたりもします。

クレジットカードやプリペイドの決済は補助的な役割で、大まかなポイントは、このポイントサイトで貯めて行くと年間2-3回の家族旅行の宿泊費、さらには交通費に至るまでポイントで払う事も可能になります。

ポイントサイトの危険性

ポイントサイトって最初は本当に間違いなく胡散臭いです笑

「無料でお小遣い稼ぎ」「クレカ発行で一撃1万円」そんな事言われても、胡散臭いと思ってる人からしたら怪しすぎて、言われれば言われただけ怪しさが増すのが普通です笑

確かに詐欺紛いのポイントサイトもいくつもありますが、逆に非常に良心的なポイントサイトも多数あります!長くに渡って会員に還元し、育って来たポイントサイトは会員数も何百万といて、ネットでの評判も非常に良いです。

この弱小ブログを読まれてる方からしたら、そんな検索くらいお手の物でしょうから、少し調べてみたら良いモノ、悪いモノはすぐに判断出来るくらいに評判の良し悪しは分かれます。

ポイントサイトは怪しいからこそ、良い評判がないと存在が難しいのです。なので、ちゃんとした会社が運営しているポイントサイトはJIPCに加盟し、プライバシーマークSSLの導入をして、会員の個人情報の保護や、セキュリティーに力を入れています。

それでも、怪しいと思う人もいれば、やってみようと思う人もいるでしょう。これも個々の感覚ですね。



ポイントサイトの広告費の原理

ポイントサイトはどうやって運営されているのか?なぜクレジットカードをタダで発行してお小遣いがもらえるのか?と言う話です。

カード発行の案件に関しては、最初にお金を出すのは、必ずカード発行会社です。

カード発行会社は、新規顧客を欲しがっています。新規顧客の獲得の為に、「テレビCM」「雑誌広告」「顧客がいそうなショッピングモールなどで勧誘する」など、しっかりと予算を組んで顧客の発掘のためにお金を使っています。

でも、テレビCMを見て「クレジットカード発行したい!」って思う人は少ないと思います。雑誌を読んでてクレジットカードに興味がなければ広告も見ないです。そんな所に多額の予算を組まずに、近年ではアフィリエイトと言う成果型の報酬制度で確実な予算を組む企業が増えてます。

カード発行会社は、効果のよくわからないTVCMや、雑誌広告、街中での勧誘と平行して、確実な販促方法であるアフィリエイトも行なってます。

例えば、カード発行会社は広告宣伝費の予算の一部として、100万円をポイントサイトに渡します。ポイントサイトはその100万円を元手にカード入会者を募ります。1枚カードが発行されるたびに1万円を入会者に渡していき、50人集まったところでやめます。すると、ポイントサイトは50万円儲かり、50人のユーザーはそれぞれ1万円ずつ儲かり、カード発行会社は50人の新規顧客を獲得する。ユーザーもポイントサイト運営会社もカード発行会社も3者が全て儲かります。

これが広告の原理です。例えばカード発行会社が直接「今ここでカードの申し込みしてくれれば、3万円上げます!」って街で声をかけられたらどう思います?私なら怪しさしか感じません。「即現金でお支払いしますから申し込みして下さい!」言われれば言われるだけ怪しいです。

これは、さっき言ったポイントサイトに足を突っ込む前の状況と何ら変わりはありませんが、ポイントサイトと言うワンクッションを入れる事により、怪しさは少し和らぎます。

ポイントサイトの広告の原資

ただ、この様な予算を組んで、広告をうつカード会社は、どこで儲かっているのか?という新たな疑問が出て来ます。

カード会社の儲けは、①加盟店からの手数料、②年会費、③ユーザーからの金利の3点です。金利というのは、リボ払いやキャッシングの金利です。もしも全ユーザーが一切リボやキャッシングをせず、一回払いしかしてくれなかったら、カード会社の収入源は年会費と加盟店からの手数料だけになり、広告をうつだけの原資は集まらないでしょう。

でも、カード発行した人のうち、必ず何割かはリボ払いや、キャッシングで多額の金利を払ってくれます。カード会社が儲かるためには、このリボ払いやキャッシングをしてくれる人を増やす事が絶対的条件として必要となって来ます。

つまり、カード発行会社が出す広告費は、リボやキャッシング利用者がその多くをを負担しています。リボやキャッシングをせず、年会費を払うこともないのであれば、会員がポイントサイトからもらえる1万円は本当に丸儲けです。

ポイントの価値についてまとめ

ポイントサイトから受け取る還元は、広告を訴求する企業の広告費の一部です。クレジットカードの利用やプリペイドカードの利用によるポイントも、お店で買い物した時に貯まるポイントもまたカードを使ってもらうため、お店を使ってもらうための広告費の一部です。

日々生活する中で、広告費がかかっていないものは全くなく、その一部の還元は小さくても積み重ねると、食費に変わり、1人分の旅費に変わり、家族の旅費に変わり、人によっては貯めたマイレージポイントによって海外旅行を楽しむ方もいらっしゃいます。

この1ポイントの積み重ねを、どのような方法で貯めるのか?どのくらいのペースで貯めたいのか?貯めたポイントを何に使うのか?このあたりは個々の感覚で大きく違うと思います。ただ、ポイントの通貨価値は1ポイント=1円でも、その積み重ねにより得れる楽しみは、それ以上のもので日々の生活を豊かにしてくれます。そんなこと思いながら、私は日々楽しみながらポイントを貯める生活を送っています。

下記に私の愛用しているポイントサイトのバナーを張ります。興味がある方は、下記から登録をお願いします!
どれも良心的で還元率の高いポイントサイトです。複数のポイントサイトに登録してますが、その中でもオススメで初心者の方でも扱いやすい3サイトを紹介します。1番のオススメはハピタスになります。

明日は、このポイントサイトの基本的な利用の仕方や、特徴など書いてみようと思うので、興味がある方はまた見に来てください。

ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ちょびリッチ
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト

投稿者: kitaku

妻一人、子二人で貯蓄無しのキタクです。 散財癖はあまり変わらずとも出来ることがあると信じ、今までの経験を糧に2016年の年の瀬から色々と取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です