クレジットカードの多重申込みの注意事項とリスク!最低限守るべきこと

LINEで送る
Pocket

先日の投稿の中で、今年に入って5枚目のクレジット発行という話を書きました。クレジットヒストリーは誰にもあり、このクレヒスをいくら磨いても、これ以上はダメ!という限界はあります。

クレジットカードを数枚発行する時に『そんなに何枚も発行して大丈夫?』『クレヒスに傷がつくんじゃ…?』と心配するのが普通です。全く問題がないか?っと言われると、全くないとは言い切れません。でも、注意を怠らなければ、実害はほぼありません。

注意事項

  • クレジットカードの審査結果が出ないうちから次のカードを申し込むのはNG
  • 多くても半年に5枚までの発行に留める
  • 複数枚発行する場合でも、1カ月でまとめて申し込むのと、1カ月に1枚ずつ数カ月に分けて申し込むのでは、審査の通りやすさは格段に後者の方が高い
  • 発行時、キャッシング枠の希望は0円にする。キャンペーンなどの条件になっている場合は、最低限度に設定し、キャンペーン達成後に必ず0円に変更する。
  • 審査に落ちたら最低で半年はクレジットカードの申し込みを控える

上記条件を守ってさえいれば問題はありません。下記で多重申込みのリスクと、クレヒスの磨き方について書いてみたいと思います。

短期間の多重申込みリスク

スポンサードリスク




短期間に何枚ものクレジットカードを発行申込みすると、カード会社から借り逃げのリスクを疑われます。せれにより審査に通る可能性が限りなく0に近づいていきます。これが『多重申込み』です。

人によっては数十枚のクレジットカードを保有していますが、持ちたいからと言って、即発行できるわけではなく、長い年月をかけて少しずつクレヒスを磨きながら枚数を増やしっていった結果です。短期間での発行は不可能です。

もし、審査落ちしたばかりなのに、クレジットカードを発行したいからと次から次へと申込みすると事態は悪化して、審査に落ちれば落ちるほどクレヒスが傷ついて審査に通らなくなります。

自分の信用情報の確認も出来ます

クレジットカードの発行会社や信販会社はCICに登録されている個人信用情報を照会して、クレカ発行の審査やローン審査を行います。ここに返済の遅延や破産等の情報が記載されると、俗にいうブラックリストと言う要注意扱いを受けることとなり、完済をしていたとしても、完済後5年間は記録が消えずに新たなクレジットカードの発行やローンを組むことが一切できなくなります。

情報の中身は本人ならば開示が可能です。自分の信用情報に興味がある人は、一度確認してみても面白いかもしれません。最近はPCやスマホでのPDFを使ってのデジタル開示も出来る様になっているので、手数料は1,000円程かかってしまいますが、勉強として見てみるのもいいですし、今後もクレジットカードを発行したいと思われる方は参考になると思います。スマホもデジタル開示可能と書きましたが、iPhone、iPadは出来ないので注意してください。

CICで開示が出来て本人が見ることが出来る、個人信用情報は3つです。

  1. 個人を特定する基本的な情報(氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、運転免許証番号等)
  2. クレカやローンの契約に関する情報(申込日、契約日、契約金額、支払回数、契約終了予定日、貸付金額等)
  3. 支払い実績に関する情報(請求額、入金日、入金額、異動の有無、完済日等)

上記情報をクレジットカード発行会社も確認をすることが出来ます。要は、カードの発行会社は、個人が現在どれだけのお金を借りているか、毎月の返済を遅延なくおこなっているか、最近何枚のクレジットカードを申し込んだか、そのうち何枚のカードの審査に落ちたのか、そんな情報が全てカード発行会社に見られています。

クレジットカードの審査に落ちたら

ネットで検索して簡単にカード発行が出来ると言われるような、審査の通りやすいクレジットカードの審査に落ちた場合は、次のカードの発行までに、最低でも6カ月は期間をあけるようにしてください。

これは、よく言われていることですが、わかりやすくするために、カード会社で働いていて審査を担当する社員の目線で考えてみて下さい。世間で審査の通りやすいと言われるカードの審査に落ちたという信用情報を見て、簡単に審査通過させられますか?なにか審査に落ちる理由が有るはずと、その原因を探しますよね?その結果、審査に落ちたであろう理由を見つけたら、当然、審査に落とす結果になると思います。

この、クレジットカードの申込みを行ったのに、かーどの成約(発行)がされていない、つまり審査に落ちたという記録は、CICに6カ月間だけ保存されます。

例えば、本日2017年3月17日にカードの申込みを行うと、カード発行会社はCICに即情報の照会を行います。この情報の照会を行ったという行動が、申込み情報として記録に残り、6か月後の月初、9月1日には申込み情報は抹消されます。

この6カ月後にカード発行の記録がなくなることから、6カ月以上前のクレジットカードの発行情報は、カード発行会社からは照会することは不可能となって、審査落ちの対象になる原因も一緒に抹消されます。

多重申込みで審査に落ちた場合は、半年間我慢が必要と言われるのには、このような意味があります。ただし、消えるのはクレジットカードの申込み履歴であって、遅延情報や、未払い情報はこれにはあたらないので注意してください。
スポンサードリンク



クレヒスを磨くには信用を積み重ねるのみ

生まれて本日まで、クレジットカードの発行をしたことがなく、全ての買い物においてローンを組んだことがない人は、個人信用情報がCICに一切記録されていません。

一切の分割を組んだことがなく、車もスマホも全て現金払いと言えど、カード発行会社からすると、何の情報もない人ほど怪しい超危険人物となります。

なぜかと言うと10年前に自己破産して、その後カードもローンも通らないのでCICに情報がないという人と、今まで1度もローンもカード発行もしたことがないと言う人の見分けがカード発行会社には付かなくなります。今まで一度もローンやカード発行を行ったことがない人は、最初のカード発行やローン審査の壁に阻まれる可能性が出てきます。

このように今までにCICに情報が一切残ってない人は、審査の通りやすい携帯電話の割賦購入をして、半年以上遅延なく支払いを行うことでクレヒスが磨けます。これを行った後で、審査のあまいクレジットカードの発行に挑まないと、カード発行は厳しいと思います。1枚でもカードの発行が出来たら、その1枚のクレジットカードのクレヒスが、その後のカード発行の信用となります。

皆さんは、その1枚目のカードがどのカードだったか記憶していますか?

クレジットカードの発行をしたら

しっかりとしたクレジットヒストリーを積んで、クレヒスを磨いていても、クレジットカードの多重申込みには必ず限界があります。

これをリセットする唯一の方法は最後の発行から最低でも6カ月は申込みの期間をあけて下さい。どうしても欲しいカードがあるのなら、そのカードの発行が出来るまでは、他のカード発行は控えるべきです。

使うつもりがなくてキャンペーンやポイントサイトのポイント目的で発行した場合は、注意をしておくことが3点あります。

  1. 解約までに1度も利用をした履歴がないという状況は避ける。
  2. 発行後1年は解約を控える。年会費がかかるカードの場合は、年会費の発生する月をわかるように記しておき、その前月に解約するのが望ましい。
  3. 100円の少額でも毎月利用をして支払いをすれば、どんなに少額でも忘れずに支払いを行う人と言う信用が積み上げられ信用になります。なので少額の利用で構わないので毎月の利用をお勧めします。

まとめ

クレジットカードの多重申込みは破産や遅延と違って、さほど大きな問題ではありません。半年で5枚くらいのペースであれば、あまり気にすることはないと思います。もし、審査に落ちてしまった場合は半年間開ければ、再度申し込みが出来る様になります。

記事の最初に書いた注意事項に気を付ければ問題ないので、それを守るように心がけていれば大丈夫です。

スポンサードリンク



 

投稿者: kitaku

妻一人、子二人で貯蓄無しのキタクです。 散財癖はあまり変わらずとも出来ることがあると信じ、今までの経験を糧に2016年の年の瀬から色々と取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です