【au WALLET】使い方ガイド!auユーザーなら使うべき!放置するのはもったいない!

LINEで送る
Pocket

au ウォレットに関しては先日もキャンペーンの紹介で一度書きました。au利用者なら、ほぼ持っているであろうこのカードは、皆さんは使ってますか?

このカードはサービス開始をしたときには、じぶん銀行からのチャージで5%上乗せという、チャージ時に前払いでポイントを付与するという、あり得ないauユーザー優遇キャンペーン(現在は終了しています)があり、一気に普及して多くのauユーザーが利用しています。

しかし、多くの枚数発行がされている為、よくわからないまま家に届いて使い方もわからないので、そのままになっている方も多くいらっしゃるかと思います。

このauウォレットカードはauユーザーなら使った方が断然お得になるアイテムなので、その使い方やメリットについて書いてみようと思います。

スポンサードリンク



auウォレットカードはプリペイドカード

auウォレットはプリペイドカードで、カードブランドは『MasterCard』となっているの為、MasterCardのクレジットカードと同じ様に使うことが出来ます。

プリぺイドカードとはクレジットカードの様に利用した金額が、後日口座引き落としになるような後払いではなく、買い物の前に先払いでチャージを行い、チャージした残高を上限に買い物が出来ます。

例えば、auウォレットプリペイドに10,000円のチャージを行うと、チャージした10,000円が買い物で使える仕組みです。ただし、10,000円を超えるお支払いの場合は、残高不足のため支払いが出来ないようになっています。その為、公共料金や携帯代金、保険料などの毎月の引き落としが必要な支払いは出来なくなっています。

プリペイドカードとはいえ国際ブランドのMasterCard表記がされているので加盟店では国内外問わず、利用することができます。

auウォレットの作り方

この、auウォレットですが、待つことができるのはauユーザーのみとなり以下のauのサービスを使っている方でなければ持つことができません。

au携帯電話
auひかり
auひかり ちゅら
携帯電話を持いなくてもインターネットのauひかりでもOKなんです。auひかりは、他社のインターネットと比較するとキャンペーンが充実しているので、MVNOを使ってて新たにインターネットを検討している方にもオススメですよ。

auウォレットを使うには申込みが必要

auウォレットの申込みはau公式のHP、auショップなどで申込みが出来ます。申込みをして数日するとauウォレットのプリペイドカードが届きます。
カードが到着したら、auウォレットアプリをダウンロードして、開くと利用開始の手続きがすぐに出来ますので、忘れずに利用開始手続きを行うようにしましょう

auウォレットにお金をチャージする方法


手元にauウォレットのカードが届いても、お金がチャージされていなければ使うことはできないので、まずはチャージをする必要があります。

auかんたん決済
じぶん銀行
クレジットカード
WALLETポイント
auポイント
auショップ・PiPit
ローソン
au WALLET チャージカード

上記の方法でauウォレットにチャージすることが出来ます。
チャージするには、auウォレットのサイトやアプリを使って行います。


auかんたん決済にするとオートチャージされる

普段の食品や日用品などをauウォレットで払ってる方には、オートチャージの設定もしておくのもいいと思います。一定の金額以下になったら、勝手にチャージされるので、残高の心配をする必要がありません。

それほど頻繁に使わないのであれば、無理にオートチャージする必要はないと思います。

決済時のauウォレットの使い方

レジに行ったら、店員さんに「カード払いで」や「一括払いで」と買い物する時はクレジットカードと同じ感覚で伝えれば問題なく決済出来ます。

「auウォレットで」と伝えると、auウォレットが何かを知らない店員さんもいらっしゃるので、店員さんには「カード払いで」「一括払いで」と伝えてあげて下さい。あと、プリペイドなので、当然ですがクレジットの様な分割払いは出来ません。

このようなプリペイドカードは、最近増えており、このブログでも書いたdカードプリペイド(Master)LINEペイカード(JCB)なども同じ国際ブランドの付いたプリペイドカードで、通常のお店でも、ネットショッピングでもも利用できます。

Amazonなどのネットでも使える

auウォレットは、お店だけでなくネットでも使えます。
ネット通販の代表的なAmazonなとを含めてMasterCard決済に対応しているネット通販での利用もできます。
スポンサードリンク



auウォレットのポイント還元率は0.5%

auウォレットを使って買い物すると、利用額に応じて「WALLETポイント」が貯まります。WALLETポイントは、1つのauIDごとに紐付けられています。

200円ごとに1ポイント貯まるので、還元率は0.5%で、プリペイドカードなのに、一般的なクレジットカードと同じ水準の還元率です。

ただし、この0.5%還元は通常店舗の話で、auウォレットにはポイントアップ店と言う特別なポイント還元率が設定されているお店もたくさんあります。

基本的には200円ごとに1ポイントしか貯まりませんが、ポイントアップ対象となるパートナー企業の店舗で使うと、200円ごとに貯まるポイントが増え、1%〜3%ほどの還元率になります。

詳しくはこちら⇒auウォレット公式HP

さらに、auウォレットは、このパートナー店舗を対象にポイントアップのキャンペーンなどを定期的に行なっており、多い時には最大10%のような大型還元をしている事あるいので、公式キャンペーンページも、チェックしておくといいと思います。

au携帯・auひかりの利用料に応じてポイントが貯まる

auウォレットは、auのサービスということもあり、au携帯やauひかりの料金に対して、税抜1,000円ごとに10ポイントが貯まります。

基本使用料
通話料、通信料
au国際電話サービス通話料

上記がauの利用により、ポイント付与の対処サービスになります。携帯やひかりの利用料金は金額が高いだけに税抜き金額に対してのポイント付与と言うのが残念ですね。

また、2016年からスマホのauの利用年数に応じて、ポイントの還元額が変わるauSTARと言うサービスが始まっており、通常1%の還元率が最大で10%還元になる、長期利用ユーザー向けのサービスのauSTARロイヤルが開始されてます。

詳しくはこちら→au公式auSTARロイヤル

WALLETポイントの使い方

ここまではWALLETポイントを貯める話ばかりでした。貯めたポイントも使ってなんぼです。

auウォレットのプリペイド残高に加算

貯めてきたWALLETポイントは、auウォレットカードに再度チャージして、再び通常の買い物に使う事が出来る様になります。

基本的にはauウォレットへのチャージが最もおすすめの使い方ですが、他にもポイントの使い方はあるので書いてみます。

au携帯などの料金の値引きに使う

毎月の携帯代が高く、少しでも負担を減らしたいですよね。
WALLETポイントがあれば、ポイントを使って携帯代の値引きに使えます。

ポイント交換コースが以下の3種類あり、交換することで6ヶ月間にわたって毎月少しずつ値引きされます。

au料金の値引きコース一覧
コース 値引額
3,000ポイントコース 毎月500円
6,000ポイントコース 毎月1,000円
12,000ポイントコース 毎月2,000円
これはau携帯だけでなく、auひかりにも適用できます。

また、データ容量のチャージにもポイントが使えるので、auを使うのであれば、月額利用料金に貯めたポイントを充当して少しでも毎月の負担を減らしていくのもオススメです。

auスマートフォンでの利用

au携帯電話の本体代金
アクセサリー代金
修理代金
auかんたん決済でのコンテンツ購入

貯まったWALLETポイントは契約中のauケータイやauスマホのサービスにも使えます。機種変更時の本体代金や、修理代金などの負担をポイントを使って減らすことが出来ます。


 ポイント有効期限はポイント付与から4年間

auウォレットを使ったことで貯まったWALLETポイントの有効期限は、ポイント付与から4年間となります。

仮に2014年6月1日にポイント付与されたものは、2018年5月31日まで有効です。

ただし、キャンペーンなどで付与されたポイントは有効期限が短い場合があるので注意してください。
楽天スーパーポイントの期間限定ポイントと同じだと思うとわかりやすいと思います。

クレジットカードでチャージしてポイント二重取り!

auウォレットのチャージ方法を最初のほうで紹介しましたが、「auかんたん決済」「クレジットカード」でチャージすることで、もっとお得に使うことが出来ます。

1%の還元率のクレジットカードでチャージしたあとに、auウォレットを使って買い物すれば、0.5%のWALLETポイントが貯まりまので、合わせると1.5%の還元率になります。
クレジットカードで年会費無料の1.5%の還元率になるカードは非常に少ないので、これによりかなりお得になります。さらにパートナー店舗での買い物に使うと還元率は1.5〜3.5%と非常に大きくなります

チャージできるクレジットカードは何でもいい訳ではなく、MasterCardブランドの全クレジットカードと、VISAマークの付いたクレディセゾンとUCカードが発行したクレジットカードが対象。

au携帯を解約したとしても、auウォレット自体は使えます。
ただし、ポイントは貯まりませんが・・・。

もうauウォレットを使わない場合は、残高を使い切ってしまって、あとは使わないようにするのがいいでしょうね。
WALLETポイントの有効期限はポイント付与から4年間

auウォレットを使ったことで貯まったWALLETポイントの有効期限は、ポイント付与から4年間となります。

仮に2014年6月1日にポイント付与されたものは、2018年5月31日まで有効です。

auウォレットを使わなくなった場合

もし、もうauウォレットを使わなくなった場合ですが、プリペイドカードなので解約手続きの必要はありません。

au携帯を解約したとしても、ポイントは貯まりませんが、auウォレット自体は使えます。

もうauウォレットを使わない場合は、残高を使い切ってしまって、あとは使わないようにするのがいいでしょうね。

まとめ

auユーザーであれば、誰でも使うことのできるauウォレットですが、クレジットカードチャージでポイントの2重取りをして普段から節約に繋げれれば、すごく得になるので使わない手はありません。

携帯電話だけでなく、インターネットのauひかりでも使えるので、au携帯を持っていなくても、ネット回線を変えようと思っているならauウォレットの活用も含めてauひかりを選ばれるのも1つの手段かもしれませんね。

投稿者: kitaku

妻一人、子二人で貯蓄無しのキタクです。 散財癖はあまり変わらずとも出来ることがあると信じ、今までの経験を糧に2016年の年の瀬から色々と取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です