【ハピタス】遂に限界突破!ポレット登場でハピタスが月3万円以上の利用が実現!

LINEで送る
Pocket

先日、共通ポイントの話をしましたが、少し形が変わりますがプリペイドカードも多くの企業が色々な特徴を持ったプリペイドを発行してます。

ここでも書いた、au WALLETやLINE Payカードなんかもそうですが、各社プリペイドの特徴やキャンペーンで様々な特典を用意しています。国際ブランドのついたプリペイドの利便性ときたら、持ってみたら手放すことが出来ません笑

今回はこのプリペイドの話ですが、2017年3月7日大きなニュースが発表されました。何かしらのポイントを集めてらっしゃる方は皆さんご存知でしょうが、ハピタスが遂にPollet(ポレット)と言うプリペイドカードを発表しました。

発行会社はpollet株式会社で、ハピタスを運営するオズビジョンの子会社です。

ハピタスらしくポイントとウォレットを掛け合わせたネーミングとなっていて、その名の通りポイントでチャージが出来るVISAプリペイドカードになっています。

スポンサードリンク

VISAプリペイドカードとは?

国際ブランドのプリペイドカードは多く出ているので、すでに内容をご存知の方も多いと思います。全国のコンビニ、スーパー、飲食店やショッピングモール、ネットショッピングなど、VISA加盟店で利用できます。今回のポレットは株式会社セディナの発行です。簡単にクレッジトカードと比較をしてみましょう。

VISAクレジット VISAプリペイド
入会 与信審査あり 与信審査なし
年齢 18歳以上 12歳以上
口座振替 不要
利用可能額 利用限度額の範囲内 チャージ残の範囲内
支払い 後日、口座引落し 即時引落し
年会費 カードによる 不要

プリペイドとクレジットの違いは、チャージした残高しか使うことが出来ないので、使い過ぎのリスクがなく、与信審査もなく、12歳以上なら誰でも発行できます。

利用時は通常のクレジットと同じ様に、VISA加盟店なら国内外問わず使えますが、毎月引き落とされる、携帯電話料金や電気・ガス・水道などの公共料金や保険料、ガソリンスタンドや高速道路での利用は出来ないので注意が必要です。

ポレットの概要と特徴

  • チャージをする度に0.5%増量
  • アプリでサッと30万までハピタスポイントをpolletへチャージ可能
  • カード残高は100万円
  • ハピタス以外のポイントもチャージ可能(順次追加予定)
  • 年会費・発行手数料無料

ポレットへチャージすると、回数ン制限等はなくチャージ金額の0.5%が増量されます。これは他にはない特徴で、LINE PayやauWLLETもそうですが、買い物をしたときにポイント還元されるのが普通で買い物をしない限りはポイント還元がありませんが、ポレットはチャージ金額が増量されますので、実際に買い物をしようとする時にはチャージした金額以上の買い物をすることが出来というメリットがあります。

しかし、還元率だけを見ると0.5%なので、現金化してLINE Payにチャージして利用したり、還元率の高いクレジットカードで決済した方が、還元金額は高くなります。

3/7~5/31まではキャンペーンの為、初回交換に限り5%増量されるので、初回はなるべく多くの金額をチャージした方が得になります。

こういったキャンペーンの頻度によって利用頻度も変わるでしょうし、クレジットカードからのチャージも可能という事で、クレジットカードからのチャージで還元があるかどうか気になるところですね。

ポレットの増量分はクレジットチャージでも付与されるのは確認できてますが、クレジットカードによってはプリペイドへのチャージは還元対象外だったりするので、どれが使えてどれが使えないかは実際にチャージしてみないとわかりませんね。

チャージに対応しているクレジットカードはVISA・MasterCaed・セディナが発行しているクレジットカードのみとなっているので注意してくださいね。

普通のクレジットカードとの違い

  • 残高不足は決済不可
  • 毎月の引落しがあるものは残高にかかわらず決済不可
  • 海外ATMでの現地通貨引き出しは出来ない

プリペイドカードなので当然ですが残高不足だと利用は出来ませんし、公共料金などの決済カードへの指定も出来ません。プリペイドによっては海外のATMでの現地通貨の引落が出来るものもありますが、ポレットは出来ません。

スポンサードリンク

余ったポイントを1枚に

サービス開始時のチャージはハピタスポイントからだけです。そして現時点でチャージが可能なのが、ハピタスポイント、クレジットカード、ペイジーからとなっています。今後ポレットにチャージ出来るポイントは順次追加予定と記載があります。

ここが難しいところで、他のポイントサイトとの提携で提携サイトが増えていく可能性と、楽天やTポイントなどの既に提携があるポイントプログラムとの相互交換が出来る様になる可能性と、どちらになるのでしょうか?

各ポイントサイトの端数をポレットにまとめる事が出来るのと、各共通ポイントの端数をポレットにまとめる事が出来ると、どちらでも非常に便利で使い勝手は大いにあるので、方向性がわかってくるのが今から楽しみです。

ハピタスが贈る非常にお手軽なプリペイド

3月7日からiOS・Android共にアプリがリリースされています。アプリから簡単にハピタスポイントをポレットへチャージ出来ます。初回、ハピタス認証を済ますと、次回からは数タップで最大で2時間以内にチャージが完了します。ハピタスポイントを銀行振込や他社ポイントへの交換をする場合は3営業日以上の日数を要します。これが2時間以内に使えるようになるのは非常に大きなメリットとなります。

今までハピタスは1カ月に3万円までしかチャージ出来ないというデメリットがありました。振込にしろ他のポイントへの交換にしろ、どんな形をとっても上限は1カ月3万円でした。ハピタス書店堂やzotoでは上限なしで使えてましたが、ここに上限30万円まででポレットが加わりました。

安全性を追求しリスク軽減に

クレジットカードと違って使い過ぎリスクはありません。さらにポレットが紛失や盗難にあった場合は、アプリから即時ロックと再発行手続きが出来るので、金銭被害リスクも軽減されます。ポレットの残高は再発行されたカードに移行されますので安心です。

ポレットの作り方と使い方

ハピタスの登録

ポレットの申し込みにはまずハピタスの登録が必要です。

スマホにポレットをインストール

ポレットはスマホ専用アプリから申し込みが出来ます。iOS・Androidそれぞれに無料の専用アプリがあり、これをインストールします。

アプリ内でポイント交換

アプリを起動し、アカウントの認証をしてポイントをポレットにチャージ

カードの受け取り

自宅にポレットカードが届きます。既にポイントがチャージされているので、すぐに利用することが出来ます。

アプリから簡単チャージ

カードへのチャージをする時は、サイトに行くことなくアプリをの簡単操作でチャージすることが出来ます。

まとめ

陸マイラーと言われる、マイルを貯めてらっしゃる方にとっては、あまり必要はないかもしれません。電子マネー、共通ポイントなどを集めたり、現金派の方にとっては非常に魅力的なサービスのスタートとなりました。

さて、ポイント好き、ポイントサイト好きの方は、利用の有無に関わらずポイントが好き、ポイントサイトが好きな方なら発行するしかありません。

ポレット

あのハピタスが発行をするカード持たないなんて選択はないですよね?

いよいよ、ハピタス感謝祭も大詰めです。VISAプリペイドの発行も終わり残すは予定表に書かれているAmazonでいいことがあるというのが、Amazon好きの私からすると非常に気なりますが、ショッピングポイントの復活ないですかねー?

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
スポンサードリンク

投稿者: kitaku

妻一人、子二人で貯蓄無しのキタクです。 散財癖はあまり変わらずとも出来ることがあると信じ、今までの経験を糧に2016年の年の瀬から色々と取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です