日々の買い物にLINE Peyカードがオススメ!還元率2%の高還元プリペイド!

LINEで送る
Pocket

最近、いろいろな会社や団体からプリペイドカードが出てきています。そんな中で、最近入手して使っているのが、今回ご紹介するLINE Pay Cardです。

国内でスマホを使ってる方のほとんどの方が利用をしているであろうLINEというメッセージアプリがあります。そのLINEアプリに組み込まれているモバイル送金・決済サービスでLINE Payというサービスがあります。

そのLINE Payが発行しているプリペイドカードがLINE Pay Cardです。2%の高還元率の、このプリペイドについて書いてみようと思います。

LINE Pay Cardとは?

スポンサードリンク




先にも書いたようにLINE Pay Cardはクレジットカードではなくプリペイドカードです。

JCB加盟店でクレジットカード感覚で使えますが、事前にチャージをしておかないと使うことが出来ません。もしチャージをしていても、チャージされている金額以上の購入は出来ないので、不正利用のリスクも少なく安心できます。

更にLIME Pay Cardはプリペイドカードなので、入会審査や年会費・発行費用など、利用にあたって一切の料金がかからないことや、面倒な手続きも少ないお手軽なカードで、当然2年目以降も年会費などはかかりません。

LINE Payのチャージ方法

先にも書きましたが、LINE Payは先にチャージをしないと党買うことが出来ません。

チャージ方法はこちら

・銀行口座

・Pay-easy

・コンビニチャージ

・オートチャージ

・チャージ専用口座

詳しいチャージ方法や決済方法はLINE Pay公式

クレカチャージには対応していませんが、裏技もあるので下記で書こうと思います。

LINE Pay CardはLINEアプリやコンビニで簡単に入手が出来ます。コンビニの場合はデザインが選べませんが、その場で入手できます。LINEアプリからだと郵送に時間がかかりますが複数のデザインから選ぶことが出来ます。

デザインにこだわりがないなら、コンビニで入手して、試しに使ってみて下さい。

貯めたLINEポイントの使い方

LINE Payを使って貯まるポイントはLINEポイントとして還元されます。このLINEポイントの使い道ですが、LINE Payにチャージする事もできますが、他にも使い方があります。

・LINEコイン

・amazonギフト

・nanacoポイント

・Pontaポイント

・メトロポイント

・スターバックスドリンクチケット…etc

使い方は他にもありますが、多様なポイントや商品との交換が可能です。

ANAマイルが1.62%の高還元

LINEポイントの交換先にメトロポイントがあります。

交換レートが90%なので1,000LINEポイント=900メトロポイントとなり、ソラチカカードがあれば、メトロポイントも交換レート90%でANAマイルに交換できます。

最終的には

LINE Payカードは還元率2%×0.9×0.9=1.62%のANAマイル還元率となります。

スポンサードリンク



2%の高還元を更にお得にする方法!

LINE Payのチャージ方法ですが、上記に書いたように色々な方法がありますが、クレカチャージが出来ないという欠点があります。ただ、これには裏技があります。

コンビニファミリーマートでファミマTカード(クレジットカード機能付き・年会費無料)を使って店頭チャージをします。

ファミマでファミマTカードを使って、LINE Payチャージを行うと、200円につき1ポイントのTポイントがもらえます。

そして、ファミマでは火曜と土曜はカードの日という事で、付与ポイントが倍になり、200円につき2ポイントのポイント還元がもらえ、還元率が1%に上がります

チャージで1%、利用で2%、合計で3%の還元率のプリペイドカードは他でもなかなかありません。

さらにTポイントはANAマイルに500Tポイントを250ANAマイルに交換もできるので、マイルを貯められている方からすると目から鱗の還元率になります。

年会費無料でANAマイルの還元率は2.12%!

先にも書いたようにLINE Pay決済で1.62%還元+ファミマTカード(火曜・土曜)チャージで0.5%=2.12%のANAマイル還元率を誇る年会費無料のカードは他にはありません。

年会費のかかるダイナースやANA VISAカードでも、この還元率は出ない為、ANAマイルを貯めたい人にはオススメの組み合わせです。

LINE Pay CardはPonta利用者にもオススメ!

LINEポイントの交換先にPontaポイントがあります。Pontaはリクルート提携し、ポイントの利用の幅が大きく広がりました。

私もPontaポイントを貯めている1人で、旅行に行くときには、リクルートサービスのPontaを使って宿泊費を払っています。

Pontaと言えば、使える店舗の代表例として必ず出てくるのがLawsonです。

先ほど、チャージをファミマTカードで行い、通常にLINE Payを使うと、3%の高還元と書きましたが、LawsonでポイントカードとしてPonta card(ポイントカード)を提示して、決済でLINE Pay Cardを使うと、Pontaポイントも1%還元されますので、最大4%還元になります。

Pontaだけで見ると、LINEポイントとPontaポイントの交換レートが90%なので、LINE Pay決済で1.8%+Ponta card提示1%=2.8%のPontaポイント還元になります。

さらに2月はLawsonが大きな祭をしているので、さらに権限率の上乗せが出来ます。詳細はPonta web公式へ。

まとめ

LINE Pay cardはプリペイドカードの中では、提携店舗やキャンペーンなどを除いても非常に大きな還元率を誇ります。

通常利用で2%ですが、ファミマTカードチャージでのANAマイル最大還元率2.12%、Ponta還元率で2.8%など使い方によって、さらにお得度が増すカードです。

散財好きの私としても、使って大きくポイントが返ってくるのは、非常に助かっていますので、皆さんも無料なので1度使ってみて下さい。

関連記事

LINE PayとファミマTカードの最強タッグ解消?ファミマTカードに改悪の兆し?

【LINE Pay】ファミマTカードでLINE PayのPOSAカード購入!改悪後も還元率3%はとりあえず継続!ただし、上限あり…

スポンサードリンク




投稿者: kitaku

妻一人、子二人で貯蓄無しのキタクです。 散財癖はあまり変わらずとも出来ることがあると信じ、今までの経験を糧に2016年の年の瀬から色々と取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です